お知らせ

 

 

中学生の皆さんへ
令和2年度「第1回学校説明会・見学会」は定員に達したため申込受付を終了しました。
*第2回(12月開催)とは別に追加の説明会・見学会の開催を現在検討しています。
*毎週水曜日開催「Wednesday見学会」は各回とも定員に達したため申込受付を終了しました。
川越南高校イメージビデオの第2弾「部活動編」をアップしました。

 

今後の行事予定等
令和2年度年間行事予定表を御覧ください。
*10月9日(金)文化祭・体育祭の統合企画の一般公開はありません。


保健室からのお知らせ
新型コロナウイルス感染症の拡大防止に係る出席停止届(様式)はこちらを御利用ください。
新型コロナウイルス感染症対策(保健室のページ)に御協力ください。

新着情報
埼玉県高等学校バドミントン新人大会団体戦西部支部予選会9月11日(金)決勝トーナメントの結果報告をします。 VS 武蔵越生高校(1-3)敗退第1ダブルス(細川・福田)0-2 ×第2ダブルス(宮崎・山下)2-0 〇第1シングルス(佐藤)0-2 ×第2シングルス(宮崎)0-2 × ベスト16敗退 VS 坂戸西高校(3-2)勝利第1ダブルス(宮崎・山下)2-0 〇第2ダブルス(細川・福田)2-0 〇第1シングルス(佐藤)0-2 ×第2シングルス(山下)0-2 ×第3シングルス(宮崎)2-0 〇 ベスト9~12 今大会の結果は昨年度と同じベスト9~12位でした。 (試合感想)予選ブロックで2位通過だったため、当日各ブロックの1位の中から抽選を行い、相手は武蔵越生高校に決定。完全に戦力で上回る相手に対し、出来る限り自分たちのプレーをしていこうと試みたが、相手のタッチスピードの速さについていけない。ただ、宮崎・山下のダブルスでは相手に競り勝ちストレート負けは回避した。ベスト8の壁は高く、厳しい敗戦となったが次のベスト9~12位決定戦も厳しい相手の一つである坂戸西高校。ベスト9...
9月13日(日)先週に引き続き新人大会地区第1次予選2日目が行われました。本校は、2次予選のシード権を目指して西武台高校と対戦しました。この試合、本校は3番ショートの主将をケガで欠くなど不安なスタートでした。初回と2回、相手校にタイムリーとセーフティースクイズで1点ずつ奪われました。しかし、投手は粘り強いピッチング、野手もファインプレーなどで援護し、それ以上の得点を許しませんでした。主将もベンチから鼓舞する声を出し、出場選手もそれに応えて頑張りました。攻撃の方は再三のチャンスにあと一本が出ず、得点できませんでした。結局、5回に1点を追加されて制限時間切れ、0対3で敗れました。試合の流れをつかめなかったのは、声の連携やサインの確認など基本的な部分の不徹底にあったと思います。この2試合で見つかった課題をふまえ、10月の2次予選に向けた練習に取り組みます!  
9月12日(土)ウインターカップ県予選の2回戦が行われました。以下結果です。 川越南 55-82 昌平 昨年の新人大会で県5位になった昌平高校と対戦しました。主力の3年生が残る昌平高校に本校は1・2年生だけで善戦しましたが、力及ばず残念な結果となりました。西部支部大会も含め、3年生が残るチームと多く試合ができたことは選手たちにとって大きな財産になったと思います。11月の新人大会に向けて引き続き練習に励みます。応援よろしくお願いします。
9月12日(土)3学年全員受験の外部模試(ベネッセ・駿台「大学入学共通テスト」模試)を実施しました。本校では一昨年度から9月・10月・11月の3か月連続の3学年全員受験の外部模試を土曜日に校内で実施しています。初回の9月は「大学入学共通テスト」のマーク式模試となります。午前8時40分に地歴・公民(1科目目)がスタートし、午後6時40分に全教科・科目の模試が終了します。試験終了後は答え合わせと解き直しを徹底し、入試本番に向けて実力を更に高めていきましょう。  
いよいよ選手権予選が近づいてきました。男女ともに日曜日に行われます。新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、保護者等の会場での応援をすることができません。ご理解、ご協力ください。みなさまに良い報告ができるようトレーニングしてきた成果を存分に発揮して、勝利をもぎ取ってきます。 女子では、試合をYouTubeでライブ配信する予定です。うまくいくかわかりませんが、リアルタイムでの応援よろしくお願いします。https://youtu.be/Q1fDfEf1Llg
令和3年度埼玉県公立高等学校入学者選抜における本校の選抜基準を公開します。 (埼玉県立川越南高等学校_令和3年度「入学者選抜基準」)掲載ページへのリンク 入学者選抜基準には、「選抜の基本方針」「選抜に用いる資料の扱い」「選抜の各段階における資料の配点」などの情報を記載しています。この選抜基準の内容については、本校で開催する学校説明会や見学会等で詳しく御説明いたしますが、何か御不明な点等ございましたら教頭までお問い合わせください。埼玉県立川越南高等学校・電話番号:049−244−5223
9月10日(木)放課後に第1回推薦決定者ガイダンスを行いました。国公立大学の人数制限のある大学への推薦決定者、私立大学、短期大学、専門学校の指定校推薦決定者を対象とするガイダンスです。それぞれの生徒に資料が配布され、今後の手続きとこれからの学習についての説明をしました。今年度から入試が大きく変わったことから、昨年度以上に慎重に試験や面接に向けた学習と準備をするように注意喚起がなされました。こうした内容からか緊張感ある雰囲気の中でのガイダンスとなりました。  
昨年度に西側トイレの改修が完了し、今年度はもう一方の東側の改修となります。9月13日(日)から本格的な工事がスタートします。今回の工事で、千人を超える生徒が利用する普通教室棟のトイレが、すべて快適な環境となります。順調にいけば令和3年2月中旬頃には使用できるようになる予定です。それまで御不便をおかけしますが御理解、御協力のほどお願いします。本校を志願する中学生の皆様へ皆さんが入学する時は綺麗で清潔な新しいトイレです!皆様の御入学をお待ちしています!  ※画像は普通教室棟西側トイレです。
本校の受験を考えている中学生を対象に練習見学会を下記の通り実施いたします。例年、夏休みに練習見学会を行い、体験もしてもらっていましたが今年度については新型コロナウィルス感染防止対策のため体験をしてもらうことはできません。ご了承ください。 日時 令和2年9月20日(日)8:30〜10:30【入退出自由】場所 川越南高校体育館持ち物・服装等 服装は自由です。上履き(バッシュでもスリッパでもOKです。)マスクの着用をお願いします。水筒等。 *この日以外の見学も受け付けております。御気楽にお問合せください。     
埼玉県高等学校バドミントン新人大会団体戦西部支部予選会9月7日(月)予選リーグ9月11日(金)決勝トーナメント予選リーグの結果報告をします。予選では偶然にも同じ川越の高校同士が揃いました。川越南、川越女子、川越総合、市立川越の4校でのリーグ戦となり上位2チームが決勝トーナメント進出です。 VS 川越総合 (3-0) 勝利第1ダブルス(宮崎・山下)2-0 〇第2ダブルス(細川・福田)2-0 〇第1シングルス(倉田)2-0 〇 VS 市立川越 (3-0) 勝利第1ダブルス(宮崎・山下)2-0 〇第2ダブルス(小田・倉田)2-0 〇第1シングルス(佐藤)2-0 〇 VS 川越女子 (2-3) 敗北第1ダブルス(細川・福田)0-2 ×第2ダブルス(宮崎・山下)2-0 〇第1シングルス(佐藤)0-2 ×第2シングルス(宮崎)2-1 〇第3シングルス(山下)0-2 × 予選リーグ2位 決勝トーナメント進出以下、試合の感想です。初戦の川越総合、2戦目の市立川越高校との対戦、自分たちから立て続けに攻撃を仕掛けていき、思い通りの試合展開で勝利。続いて強豪川越女子高校との試合、相手は全員が個人戦県大...
9月5日(土)狭山市上奥富総合運動公園にて新人大会西部地区予選1日目が行われました。本校は、ブロックシード校の秋草学園と対戦しました。先攻の初回、ヒットが出るも先制できませんでした。その裏、四球や連打、3ランホームランなど打者一巡で6点を失いました。本校も2回表すぐに反撃し、2死3塁の好機にセンター前タイムリーヒットが出て1点を返しました。3回表にも3・4番の連打で1死2・3塁のチャンスをつくりましたが、後続が断たれました。最終的には、打力・機動力のある相手チームに追加点を奪われ、1対11で敗れました。劣勢の試合でしたが、最後まで声を絶やさず、元気に戦い抜くことができました。また、公式戦初打席の選手が相手エースから見事にタイムリーヒットを打つなど、日頃の真面目な練習の成果が表れたと思います。この試合の反省点については、ミーティングでじっくりと話し合いました。来週末の予選2日目、西武台高校戦での勝利を目指して頑張ります! 
1回戦 川越南50-95武蔵越生  何日か前にメールで送られてきたプログラムを見ると多くのチームに3年生がエントリーされており1,2年生だけなのは本校を含めほんの数校。この1回戦の相手の武蔵越生高校も3年生は全員残っている模様。苦戦は必至。立ち上がり、相手の厳しいディフェンスにボール運びもままならなず0-8とされたところでたまらずタイムアウト。♯11大館のシュートが決まるも後が続かない。それでも♯6東谷の3ポイントなどで10-22で第1Qを終える。第2Qに入っても厳しいディフェンスにオフェンスをさせてもらえない。それでもキャプテン♯4後藤を投入するとボール運びが安定する。しかしターンオーバーから速攻は減ったもののリバウント、ポストプレイが抑えられない。第2Q終了間際に後藤の速攻が決まるが27-54のダブルスコアで前半を終える。後半になっても点差は開くものの自分たちのバスケットを少しずつ取り戻し積極的に1対1を仕掛ける。が、シュートが入らない。それでも最後まであきらめることなく攻め、守り、届かないリバウンドに飛び込んだ。大差で敗れたものの本番はこれから。逆に1,2年生だけで西部支部予選の僅差のゲームをものにし、県大会を経験でき...
生徒会・藤華祭

生徒会・藤華祭

通常授業に戻り、いよいよ前期もあと1ヶ月となりました。充実した日々を過ごしていますでしょうか。 この度、校内で行ったアンケートの結果、今年度行われる文化祭・体育祭合同行事の名称が「藤華祭」に決定いたしました!これまでとは違った形での開催ではありますが、最良のものとなるよう生徒会も尽力していきます。また、「藤華祭」ではオープニング・エンディングセレモニーの司会等を募集しています。興味がある方はぜひ一度考えてみてください! さらに、9月には生徒会選挙が予定されています。こちらも行事運営に興味のある方、川越南高校をより良くしていきたいと思っている方など、少しでも生徒会に興味を持っているのであればぜひ立候補をお願いします!
お久しぶりです!8月27日(木)にワーキングランチを行いました!今更ではありますが、【ワーキングランチとは】以下ワーランワーランとは、週に1度昼休みの時間を利用した生徒会本部の会議です。時期が近づいている行事や、その時に担当している仕事などの報告の場となっています。今日のワーランでは、第44回「藤華祭」の進捗状況の報告と黎明館前のすのこの修繕完了報告等を行いました。

三養館前の藤

第2グラウンド横の桜