お知らせ

 

≪登下校時の交通安全ルール・マナーについて≫

 10月より通常登校になりました。日も短くなってきています。交通安全に留意し、指定された通学路をしっかりと守り、登下校するようにお願いします。また、緊急事態宣解除後であっても、引き続き登下校の際は寄り道(会食禁止)の徹底をお願いします。自転車通学者は「自転車安全利用5則」を守り、特に公共交通機関を利用する皆さんは、自分と自分以外の全ての人の「命を守る」行動、車中でのマスク着用の徹底、会話を厳に慎み、会話音量への気配りを含めた「川越南高校の生徒」として節度ある行動を引き続きお願いします。10.22更新

  

 

≪新型コロナウイルス感染症への対応≫

 

◇10月15日掲載NEW

令和3年10月16日以降の県立学校の部活動について通知がありましたのでお知らせします。大きな変更がございませんので保護者通知は発出いたしません。

 【教保体第第1147号】令和3年10月16日以降の県立学校の部活動について(通知).pdf  

  資料1 令和3年10月16日以降の県立学校の部活動について.pdf

  資料2 【対応変更対象表】令和3年10月16日以降の県立学校の部活動について.pdf 

 

◇9月28日掲載

県より緊急事態宣言解除後の県立学校の対応について通知がありましたのでお知らせします。本校としての対応の詳細は、メール等で改めてお知らします。

  R3.9.28【教高指第1470号】緊急事態宣言解除後の県立学校の対応について(通知).pdf 

【保護者宛通知】R3.9.29事務連絡「県緊急事態宣言解除後の本校の対応について」.pdf

◇9月13日掲載

緊急事態宣言再延長に伴い、9月30日まで分散登校となります。

【保護者宛通知】R3.9.13付け事務連絡「分散登校について」.pdf

◇9月10日掲載

9月30日までの緊急事態宣言期間延長に伴う県立高校の対応について、県から通知がありましたのでお知らせします。来週からの本校としての対応は保護者宛メールやgooglleclassroom等でお知らせいたします。

R3.9.10【教高指第1358号】緊急事態宣言期間延長後の県立学校の対応について(通知).pdf

【別1】(対策本部会議資料抜粋)緊急事態宣言期間延長後の県立学校の対応.pdf

【別2】(写)【教高指第1246号】緊急事態宣言期間中における夏季休業期間終了後の県立学校の対応について.pdf

【別3】新型コロナワクチンチラシ(児童生徒保護者向け).pdf

【別4】(写)【教保体第614-2号】生徒に対する集団接種の考え方等.pdf

 

   新型コロナウイルス感染症の拡大防止に係る出席停止は、通常の出席停止とは異なる特別な対応です。「学校生活ガイドライン」を確認し、日頃から感染予防に努めてください。チェックリストを確認し、「A欄で1項目以上」又は「B欄で2項目以上」に該当する場合、出席停止となる可能性がありますので必ず学校へ連絡をいれてください。(出席停止の判断は、学校長が行います。)

 改R3【生徒用】学校生活ガイドライン.pdf

 ※新型コロナウイルス感染症対策(保健室のページ)に御協力ください。

 【届】新型コロナウイルス感染症拡大防止に係る出席停止届.pdf

新着情報
10月27日(水)考査問題の返却も一段落し、授業が再開しています。学習にはとてもいい季節となりました。いくつかの授業をご紹介します。授業、部活動、11月17日に予定している藤華祭Ⅱ(仮称)。やること盛りだくさん。だからこそ、「3点固定」でバランスのよい学校生活を自ら考え、実行し、充実させてほしいと思います。川南生らしく「明るく、元気に、前向きに、いまやる、頭をつかってやる、かならずやる」でいきましょう。(タカラ物流システム 大谷社長の言葉より)            
本日7時間目、1年生は進路の手引きの読み合わせ、2年生は大学入試に向けての入試日程等の具体的な説明がありました。 1年生は現在ポートフォリオの作成も行っており、教科の勉強だけでなく、教科以外での地道な学力の積み重ねが小論文試験、面接試験などで役に立つ、というお話がありました。 2年生は、第1志望から第4志望まで記入した用紙を見ながら、来年度、そして大学入試に向けて熱心に耳を傾け、メモをとる姿がありました。      
本校では、消毒棚に続き、「二酸化炭素高感度密度計」を各教室(黒板右下)に設置しました。教室の二酸化炭素濃度を測定し、基準数値を超えると数値が点滅し、換気を促すしくみです。1500ppmを超えたらすぐ換気。寒くなるとどうしても常時対角換気が難しくなります。環境の『見える化』で生徒たちの健康を見守ります。            
10月4日「第56回埼玉県高校英作文コンテスト」に1年生2名・2年生5名が参加しました。課題英作文(日本語を英文にする問題)5問、自由作文1問、計80分間に挑戦です。見事に本校の2年生が奨励賞に輝きました。英語力・コミュニケーション能力・グローバル力にさらに磨きをかけ、今後も様々なことに挑戦してください。おめでとう! 追伸:10月28日付で『English Letter』が配付される予定です。参加者7名の皆さんが、文教大学の本多敏幸先生の講義を聴講しレポートにまとめてくれました。生徒による生徒のための英語学習法。とてもわかりやすくまとめられています。是非活用を。    
10月27日は「文字活字文化の日」。本日から11月9日まで読書週間でもあります。まさに読書の秋。本の世界に浸ってみてはいかがでしょう。10月13日発行の「図書委員会だより第26号」では、前期の図書館活用状況が報告されました。貸出数クラスランキング(全校1位が1年2組)やベストリーダー(1年生女子185冊→今日現在で213冊)なども掲載。最近では、電子図書も増えてきていますが、せっかくですのでデジタルデトックスとしての読書をおススメします。本校の図書館の蔵書は約4万冊。是非気になる本を直接手にとってみてほしいと思います。『人間の幅を広げるものは3つある。人と会い、本を読み、旅をすることだ。』   2年8組の廊下には学級文庫も作られています。
本校は、本年度文部科学省より小中高を通じた英語教育強化事業(英語教育改善プラン推進事業)の実践校に指定されています。下記のとおり公開授業を行いますので、高校教育指導課から発出された通知を参照し、お申込みください。対象は原則、小中高研究協力校の教員となります。 開催日 令和3年11月12日(金) 日 程 13:15    受付     13:30~14:20 公開授業             高1授業者 福岡千穂 吉田可菜            高2授業者 阿部輝伸 菊池弘子 庄司昌司            高3授業者 中島大気     14:30~    全体会(授業についての協議)     15:40~16:40 講演会(含む 指導講評) 講師 武蔵野大学名誉教授 小菅和也 氏      *駐車場等のご案内は、申し込みの際に別途お知らせいたします。できるだけ公共交通機関を御利用ください。  
赤い羽根共同募金の季節となりました。この募金は、戦後間もない昭和22年(1947年)に、戦後復興の一助として被災した福祉施設を中心に支援が行われ、その後、法律に基づき地域福祉の推進のために活用されてきたものです。生徒会本部があいさつ運動を兼ねてロータリーで募金活動を行ってくれています。クラス単位でも委員を中心に活動中。微力ながら本校の活動が「自分の町をよくするしくみ」づくりに役立てば幸いです。「ボランティア精神」も本校で培いたい力の一つ。朝早から、生徒会の皆さんご苦労様!            
10月23日(土)と24日(日)の2日間、女子バレーボール大会の一会場校(第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会 西部地区予選)として関係校の皆さんをお迎えすることになりました。本校は第2試合、朝霞高校との対戦です。両校ともにチーム一丸となって頑張る様子に感動。川南生の「チーム力」と「粘り強さ」が感じられた試合でした。女バレの皆さん、今後の活躍を大いに期待しています。  バレーボール専門部の先生方、コロナ禍の中、検温や消毒、換気など、細部にわたり生徒の安全を一番に配慮した運営に、会場校として改めて感謝申し上げます。  
10月21日(木)6時間目、校内一斉除草が行われました。例年、年2回行っているものですが、コロナ禍のために中止。本日、1年半ぶりに復活しました。今回は、マスクを着用し、あまり密にならないように注意しながらの作業となりました。午前中に吹いていた風も収まり、日差しもなく、ちょうどよい気温の中、生徒たちは支給された軍手で、背の高さまで延びた草や根付いた草を力いっぱい引き抜いていました。 カエルやカマキリを見つけて戯れる姿もあり、終了後は、皆、晴れやかな表情だったのが印象的でした。                
こんにちは!女子バドミントン部です。 9月に行われた団体戦の結果報告をさせていただきます。 西部地区の30チーム以上が集うこの大会、上位4校が県大会出場となります。 9月8日 予選リーグ 9月10日 決勝トーナメント  ダブルス1⇒ダブルス2⇒シングルス1⇒シングルス2(重複可)⇒シングルス3(重複可) の5本のうち3本獲った方が勝利となります。 予選リーグ 川越南、市立川越、ふじみ野、西武台高校の4組のブロック戦で、 上位2チームが決勝トーナメント進出となります。 VS 市立川越 ダブルス1 山下・鶴岡  〇 ダブルス2 高橋・小久保 〇 シングルス1 山本    〇 結果3-0 勝利   VS ふじみ野 ダブルス1 山下・鶴岡  〇 ダブルス2 片山・上澤  〇 シングルス1 山本    〇 結果3-0 勝利   VS 西武台 ダブルス1 片山・上澤  ✕ ダブルス2 高橋・小久保 〇 シングルス1 山下    〇 シングルス2 鶴岡    ✕ シングルス3 片山    ✕ 結果2-3 敗北 予選2位通過で決勝トーナメント進出   決勝トーナメント 1回戦 VS 坂戸 1ダ...
10月20日(水)定期考査最終日に、リモートによる生徒保健講演会が行われました。「高校生の今知っておきたいこころの健康講座」と題し、東京大学相談支援研究センター講師 大島紀人先生からお話をいただくことができました。1年半にもわたるコロナ禍、日常生活も大きく変わりました。また、高校生活の中でも、ちょっとした人間関や進路のことで、大小問わず、皆それぞれに悩みを抱えているのではないでしょうか。大学生や本校の例を具体的に示しながら、思春期の心の健康について大変分かり易いお話をいただき、休憩タイムとして東大キャンパスのご紹介もありました。心だって風邪をひく。全校集会でもお話しましたが、一番勇気ある言葉は「助けて」だったはずです。一人で悩まず、勝手に思い込まず、必ず「おや?いつもと違う」と感じたら、周囲の誰かに是非心を開いて声をかけてみてください。本講演会は、希望された保護者の皆様にも別室から聴講いただきました。ご参加いただきました保護者の皆様、お忙しい中のご参加、誠にありがとうございました。        
10月15日(金)から定期考査Ⅲが始まっています。各教科の設問は選択・穴埋め・記述・論述と様々な形式で出題されています。既習事項の確認です。頭脳をフル回転させ、最後まであきらめずに問題と格闘してほしいと思います。「前傾姿勢」は集中の証。最終日まで頑張っていきましょう。  
生徒会・藤華祭
自宅勤務の開始・終了の報告
この登録フォームには登録することはできません。

三養館前の藤

第2グラウンド横の桜