ワンダーフォーゲル部 活動状況

【ワンダーフォーゲル部 活動状況2020】
★1年生大募集中(初心者大歓迎!)★
1年0名(男0女0)2年4名(男4女0)3年0名(男0女0)
〈活動日時〉毎週月, 水, 金曜の放課後(+土, 日曜)
〈活動内容〉平日:筋トレ, ランニング
      週末:登山(月1回程度)

 

 

 

<2019年度の活動実績>
04月  陣馬山(854m)日帰り
05月  御前山(1405m)日帰り
06月  伊豆ヶ岳(851m)日帰り
07月  富士山(3776m)山小屋1泊
08月  瑞牆山(2230m)テント1泊
09月  仙丈ヶ岳(3033m)テント1泊 
10月  東天狗岳・ニュウ(2640m・2352m)テント1泊 
11月  本仁田山(1224m)日帰り
12月  秩父フォトロゲイニング参加
01月  学校にて調理実習 
02月  入笠山(1955m)スノーシュー登山 日帰り


 

 


 


日誌

ワンダーフォーゲル

ワンダーフォーゲル部 活動開始

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に係る対応のため、しばらくの間、泊を伴う山行が中止となりました。
県をまたいで活動するにはもう少し時間がかかりそうなので、この夏は山行をあきらめ、新たに「ボルダリング」に挑戦することとしました。
東京オリンピックの新種目となり現在注目されている競技の一つですが、登山においても必要なスキルです。
ここでしっかり基礎を覚え、ステップアップしていきたいと思います。
初のボルダリングは市内の「ロッククラフト川越」さんにお邪魔しました。
ここは駅からのアプローチがよく、通学する生徒も通いやすい立地にあります。
壁もバリエーション豊富なので楽しめそうです。

 

ワンダーフォーゲル部 ワンダーフォーゲルって?

新入生の皆さん、入学おめでとう。

ワンダーフォーゲルは略して「ワンゲル」とも呼ばれています。
何をするのか?
山に登り、自然の素晴らしさを体感する、時に楽しく、時に厳しく、非日常の中で心身を鍛練する部活です。
なぜ山に登るのか?
そこに山があるからです。
新入生諸君、良き先輩たちが待っております!!

ワンゲル部 2020年3月 卒業おめでとう!

本来なら、ここには快晴の山頂での集合写真になるはずでした。。。
が、残念ながら、今月いっぱい部活動は中止となってしまいました。本当に残念。
最後に皆さんに贈った「カラビナ」ですが、もちろん山の大切な道具であるとともに、『つなぐ』という役割を持っています
これからの皆さんにとても必要なツールではないでしょうか。
どのように使うか、どのように考えるかは皆さん次第。
ぜひ、3年間の思い出も一緒に、今後の財産としてください。
卒業おめでとう!

 

ワンゲル部 2020年2月 スノーシュー山行 in 入笠山(1955m)

2月はいつもと違う山の楽しみを!ということで、スノーシューの定番である入笠山へ行きました。
晴天率85%、山頂は360度の大パノラマをお届け…する予定でしたが、今年の暖冬はここまで直撃しており、雪は少なく、一日雨の中の山行となりました。
それでも、山頂近くは楽しめるほどの雪があり、何とかスノーシューの醍醐味を感じられたのではないでしょうか。

   
   

 ★360°カメラで撮影した画像のリンクです。クリックしてご覧ください。
入笠山山頂

ワンゲル部 2020年1月「山ご飯」試作

1月18日(土)当初の予定では、山梨県の岩殿山で山ご飯​を試作することになっていましたが、あいにくの雪のため、19日(日)に学校で実施することになりました。
メニューは「手羽先入りうどん」です。
シンプルかつ失敗する可能性の低いメニューをチョイスするあたりに、今年の1年生の慎重さが出ているようです。
今年初めの山行は、来月の雪山になりそうです。

    

川南ワンゲル部 特製手羽うどん

2019年12月 秩父フォトロゲイニング

12月21日(土)今年最後の部活動は、山ではなく地図読みの勉強を兼ねた「秩父フォトロゲイニング」に参加しました。
昨年度参加した松伏町のロゲとは雰囲気が全く違い、今回の秩父市のロゲはトレラン要素が濃い、ガチ走りの大会でした。
当然、結果は‥ですが、1年生は4人で秩父路を一生懸命走っておりました。
来年はまたどこかの大会で、今年の反省を生かしリベンジできるように頑張ります。

    

 作戦タイム

   

気合十分!

   

浦山ダム

   

浦山ダム 宇宙の光

   
 橋立堂     大渕寺 観音山延命水


★360°カメラで撮影した画像のリンクです。クリックしてご覧ください。

浦山ダム(秩父フォトロゲ)

2019年11月山行 in 本仁田山(1224m)

11月16日(土)快晴の中、先月の台風の影響が未だに残っている奥多摩ですが、事前に登山道の安全を確認し、「奥多摩三大急登」の一つと言われる本仁田山へ行ってきました。
今月から日帰り登山となった今回、絶好の登山日和となった奥多摩駅は、丹沢や鴨沢方面のバスへ向かう人々で大賑わいでした。
賑わいとは反対方向に歩き出し、久しぶりの急登に息を切らせながら山頂へ到着。
小さな板の背後には、真っ白な富士山がそびえていました。
今年の締めくくりは秩父でフォトロゲにチャレンジします。
   

    

 


本仁田山 山頂    
   
本仁田山 山頂     本仁田山 道中


★360°カメラで撮影した画像のリンクです。クリックしてご覧ください。
本仁田山 山頂

2019年10月山行 in 天狗岳(2640m)&ニュウ(2352m)

10月5日(土)、6日(日)今年度最後のテント泊に選んだのは北八ヶ岳。
普段は山梨方面が多い山行ですが、紅葉と苔を満喫すべく、移動距離の長い長野に挑みました。
今回から部員が1名増えたので、楽しさも増えたように感じます。
初日の白駒の池周辺は快晴の絶景、翌日への期待感も膨らみました。
翌日目指したのは天狗岳、山頂からの眺めは素晴らしく、体力自慢の部員は目の前の西天狗岳をスルーできなかったようです。さすが高校生男子。
残念ながらにゅうでは一面真っ白となってしまいましたが、とても気持ちの良い山行となりました。
来月からは日帰りでトレーニングを積みたいと思います。 

    

 青苔荘 テント幕営

   

白駒池

   

夕食作り
(野菜たっぷり煮込みうどん)

   

生徒と御来光
(東天狗岳への登山中)

   
東天狗岳 山頂     ニュウ 山頂

 

★白駒池周辺の苔
   

 
★360°カメラで撮影した画像のリンクです。クリックしてご覧ください。
白駒池
東天狗岳(山頂)
ニュウ(山頂)

2019年9月山行 in 仙丈ヶ岳(3033m)

9月15日(土)、16日(日)きれいな星空を求め、今回は仙丈ヶ岳に挑戦。
3連休ということもあり、長衛小屋のテント場は大盛況。
前回、前々回と雨の洗礼を受けましたが、今回は快晴!満月と星空の元、樹林帯を抜けると、小仙丈ヶ岳で素晴らしい雲海と日の出を鑑賞することができました。
朝日を浴びたカール地形を横目に、3000m級の山の中ではとても歩きやすく気持ちのよい山行となりました。
次回は今年度最後のテント泊、北八ヶ岳を目指します。

 

  

 長衛小屋 テント幕営    夕食作り(焼きそば)
 
小仙丈ヶ岳    小仙丈ヶ岳(日の出と富士山)
 
 仙丈ヶ岳 山頂    仙丈ヶ岳 山頂


★360°カメラで撮影した画像のリンクです。クリックしてご覧ください。

仙丈ヶ岳①(日の出@小仙丈ヶ岳)

仙丈ヶ岳②(日の出@小仙丈ヶ岳)
仙丈ヶ岳③(山頂)
仙丈ヶ岳④(山頂)

2019年8月山行 in 瑞牆山(2230m)

8月22日(木)、23日(金)7月に続き、今回は初のテント泊。
3年生が初めてテント泊した瑞牆山に行ってきました。
8月の終わりは天候が不順なので、予報を常に確認しながらの山行となりました。
山頂では雨もやんでおり、なんとか景色も堪能できましたが、その後は前回に引き続き雨の洗礼をうけて富士見平小屋へ戻りました。
初のテント設営、撤収、自分たちで考えた食事メニュー、慣れないうちは時間がかかりますが、楽しそうな姿が印象的でした。
   
夕食(スパゲッティ)
瑞牆山山頂 不動滝


★360°カメラで撮影した画像のリンクです。クリックしてご覧ください。

瑞牆山①(登山道途中)
瑞牆山②(山頂)
瑞牆山③(山頂)