お知らせ

★発熱等の症状があり、医療機関をお探しの方

 埼玉県では、発熱などの症状がある場合、地域の医療機関等で受診することができるよう新型コロナウイルス感染症とインフルエンザ両方の診療を行うことができる医療機関を「埼玉県指定 診療・検査医療機関」として指定、公表しています。下記URLより検索してください。

  ➡ 埼玉県指定 診療・検査医療機関検索システム

 

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために、以下の点に注意して生活をしてください。

1 日常において、3つの条件が同時に重ならないように心がける
 ・換気の悪い密閉空間を避ける。
 ・多くの人が密集する場所を避ける。
 ・近距離での会話や発声を避ける。

2 基本的な感染症対策の徹底
 ・十分な睡眠、適度な運動やバランスのとれた食事を心がける。
 ・手洗いや咳エチケットなどの基本的な感染症対策を徹底する。
 ・毎朝の検温を実施する。(学校で毎朝健康観察を実施)

3 発熱等の風邪の症状がみられる場合の対応
 ・自宅で休養する。
 ・登校していた場合は、別室に待機後、帰宅させる。
 ・帰宅させる場合は、原則として保護者に迎えに来てもらう

自分の行動に責任を持ち、感染症に「うつらない」「うつさない」を心がけていきましょう。 

学校感染症及び出席停止について

学校保健安全法により、学校感染症に罹患した場合は出席停止となりますので、以下の手続きに従い、学校へ報告をしていただきますようお願いします。

【学校感染症に罹患した際の手続き】

 ① 出席停止に該当する感染症の診断を受けたら、学校へ連絡してください。

 ② 「学校感染症に関する出席停止届」を提出してください。

    【届】学校感染症による出席停止届.pdf

   ※感染症が治癒してお子さんが登校した際、担任から受け取る。

 ③ 保護者が必要事項を記入し、「薬剤情報提供文書」と一緒に担任へ提出してください。

   ※『薬剤情報提供文書』とは、調剤薬局で処方されたお薬の名前等がわかる書類のことです。

   ※出席停止期間は、医療機関での指示を優先してください。

 

★新型コロナウイルス感染症拡大防止にかかる出席停止は通常とは異なります。

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止に係る対応として、発熱・風邪症状等がある場合は出席停止となります。学校から用紙をもらい、家庭での健康状態を記録してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ※新型コロナウイルス感染症は第1種感染症です。

日本スポーツ振興センター災害共済給付について

 日本スポーツ振興センター災害共済給付は、学校の管理下で災害(負傷、疾病、障害又は死亡)が発生したときに、医療費、障害見舞金又は死亡見舞金の給付を行う互助共済制度です。申請は以下の手順のとおりです。

<申請の手順>

(1)学校の管理下でけが等をして医療機関を受診し、治療開始から治癒までの総額が1,500円以上かかった。

(2)けがをした生徒本人が申請に必要な書類を保健室へ取りにくる。

   ⇒「災害発生状況報告書」と「医療等の状況」の用紙

(3)「災害発生状況報告書」は本人が記入し、保護者の確認後に保健室へ提出する。

   「医療等の状況」は、通院している医療機関で記入してもらってから提出する。

 ※医療等の状況は1か月に1枚必要なので、2カ月以上通院する場合は、改めて用紙をもらいにくる。

 

<支給の手続き>

・支給総額が5千円以上の場合は、授業料引き落とし口座へ振り込み。※

・支給総額が5千円未満の場合は、振込、保護者受給、生徒受給のいずれかを選択。

※振り込み金額は、手数料を差し引いた金額を入金します。手数料は、埼玉りそな銀行の場合が330円、他行が660円です。(10万円以上の場合は別途手数料がかかります)