川南通信

川越南高等学校

分散・リモート6時間時授業4

1週間(5日授業日分)の分散・リモート6時間授業の1サイクルが終わりました。本日、改めて県の通知があり、分散登校は9月30日まで延長されました。今しばらくこのような状況が続きますが、頑張っていきましょう。今日も、PCから聞こえてくる元気な声をいろいろな教室で確認できました。英語では、学校組とリモート組でペア学習に取り組んでいます。BYODの活用です。仲間とやりとりできる楽しさを間接的ですが実感しているようです。古典では先生が教室最後方から授業をしています。画像を黒板に映し、タッチペンを使って手書きで画面に書き込みをしてすすめていきます。音便の種類を答える問題のようですが、PCから「わかりません」の声。教室の助っ人が回答しましたが、どうやら残念、正解ではなかったようです。ユーモアある誤答に教室とPCから笑い声が洩れました。一体感のある授業に感じられました。3年生は選択授業が多く少人数が多いようですが、演習問題に真剣に取り組む様子が複数の科目で見ることができました。この1週間、様々な授業への挑戦がありました。来週も楽しみです。授業は進みます。「わからないままにしない」を実践し「授業を大切に」していきましょう。

 

図書館通信「南風」第5号発行

夏休みも明け、閲覧席を更に減らすなどの感染症対策をしながら図書館は開館していいます。

夏休み中もたくさんの本が図書館に入りました。

今回は生徒の皆さんのリクエストによる購入図書が多くなっております。

読みたい本がありましたら、ぜひリクエストをしてください。

図書館通信「南風」第5号(2021年9月号).pdf

 

スタンプラリー

先週の木曜日、金曜日で文化祭が催されました。今週から15日まで、文化部の展示場所を回るスタンプラリーが実施されています。写真部、書道部、美術部、文芸部、理科部、料理部、茶道部の展示があり、パソコン部も情報室で展示を行っています。月曜日に台紙が配布され、火曜日の始業前に早速、スタンプを押しに発表場所を回る生徒たちが見うけられました。

 

 

 

              

              

総合的な探究の時間_職業インタビュー発表会

1年生は本日6時間目、リモートではありますが、総合的な学習の時間で夏休みの宿題として課されていた職業インタビューの発表会が行われました。様々な職業の方々にインタビューをし、その内容をまとめるという課題でした。発表者は2分以内に話すことができる内容をまとめ、滞りなく進行できるように事前に練習をしたうえでの発表となりました。

 

  

分散・リモート6時間授業3

本日は奇数番号組の登校日。登校と自宅でのリモートを上手に使いながら、先生方も生徒たちも何とか前に進もうと頑張っています。日を重ねるごとにリモート授業も板についてくるものです。初日に比べPCから廊下に漏れ聞こえてくる声もはきはきしています。あるクラスではリモート組の生徒が画像を確認したいようです。先生が画像を調整してPCに向かって「これなら見える?」「はい、大丈夫です。ありがとうございます。」そんなやり取りが聞こえてきました。英語の授業でもリモート組を指名したようで、PCから元気な声で答えが返ってきました。芸術・書道は集中して作品を仕上げている様子が、音楽と美術では鑑賞の授業が行われています。リモートだけでなく書画カメラやデジタルサイネージなどを活用し、様々な授業の工夫に挑戦中です。登校できる生徒は半分ですが、1日6時間授業は着実に進んでいます。リモート組となる日は、気を抜くことなく、質問や疑問を少なくとも登校した日に解決するように「わからないを放置しない」姿勢で臨んでください。登校組はわずかな休み時間や部活動での直接交流も大切な高校生活の一部。どうせやるなら前向きに、そして貴重な体験期間にしていきましょう。