保健掲示物

掲示物

保健室 掲示物 『薬をリスクにしないために』

 

薬に関してみなさんはどの程度知識がありますか?

処方薬と市販薬(OTC医薬品)の違いや、購入に制限のある市販薬の分類など、

知っていると薬選びに役立つ情報を掲示物にまとめました。

「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な体の不調は自分で手当てすること。」というセルフメディケーションの

理念に基づき、医師にかかるほどではない体の不調は、OTC医薬品を上手く利用して整えていくことが求められています。

普段の生活習慣を見直すとともに、薬の知識を備えて健康な生活を送れるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保健室 掲示物 『知らずに過剰摂取カフェイン中毒に気を付けて!』

 

高校生にとっても身近なものになりつつエナジードリンク。

年に何度か川越駅などでエナジードリンクが無料配布されているのを見ます。

そんな日には決まって生徒たちの間で話題になり、配付されたステッカーを嬉しそうに見せてくれたりします。

エナジードリンクは大量のカフェインで無理やり興奮状態にすることでパフォーマンスを向上させようとする清涼飲料水です。

上手に取り入れれば、ここ一番の強い味方になることもありますが、人によっては頭痛や吐き気など副作用が出る場合があります。

コーヒーにも多く含まれるカフェイン。

過剰摂取にならないよう、含有量を少し気にするようにしてみてください。

 

保健室 掲示物 『新型コロナウイルス感染症予防と熱中症』

暑い日が続いています。
今年も熱中症に注意しなければいけない季節がやってきました。
新型コロナウイルス感染症の予防対策とあわせて、熱中症予防も必要になってきます。
マスク着用が求められていますが、気温や湿度が高い日のマスク着用は熱中症になるリスク高めてしまいます。
人との距離が取れる時などは、適宜マスクを外して過ごすようにしてください。
また、熱中症と新型コロナウイルス感染症の症状は判断に迷うことがあり、例年通り熱中症による救急搬送が
多くなれば、日本の医療は崩壊するともいわれています。
熱中症は予防できる病気です。
夏が来る前に、暑さに身体を慣れさせ、水分補給をしっかりして熱中症を予防してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保健室 掲示物 『呼吸で心を整える』

呼吸は生命の基本です。
呼吸のしくみを知り、呼吸を少し意識して変えていくだけで、心身に良い作用をもたらすことができます。
過度のストレスが心身にかかっていると、人間は自然と大きな呼吸をするようになります。
うつ病の患者さんでは、ため息が多発する例も多く見られるそうです。
ストレスがかかると呼吸が乱れるのを逆手にとって、呼吸を意識的に整えてストレスによる緊張を緩和させよう、というのが「呼吸法」です。
また、「自律訓練法」は自律神経のバランスをとるトレーニングの一つです。
日常生活にうまく取り入れて、リラックスした状態を自ら得られるようになってみてはどうですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保健室 掲示物 『低体温について知ろう』

「平熱は35℃台なんで!」と、保健室に検温に来た生徒が自信満々に言っていることがあります。
『平熱35℃台は自慢にならないぞ~・・・』と思いながら、低体温による身体への影響を説明しています。
なぜ、体温が低いと良くないのでしょうか?
また、改善するにはどうしたらよいのでしょうか。
体質も関係しますが、日頃の生活習慣によって低体温になってしまう人が多いようです。