健康コラム

健康プチ情報

今年は『感染性胃腸炎』が流行する?!

 昨年から新型コロナウイルス感染症の猛威に悩まされ続けていましたが、今年はインフルエンザや感染性胃腸炎の流行が懸念されています。特に感染性胃腸炎はジワジワと増加中。「コロナ対策で予防は完璧」と考えている人もいると思いますが、ノロウイルス等による感染は、アルコール消毒で防ぐことができません。基本は『手洗い』です。今までの予防対策もしっかり行い、今まで以上にしっかり手を洗いましょう!!

 

<ノロウイルス>

構造 感染経路 症状

直径 約38nm  

エンベロープ※をもたない

ウイルスで汚染された食品・飲料水の経口感染

便・嘔吐物に触れた手指や、ウイルスで汚染された環境表面に触れた手指を介した接触感染

飛び散った嘔吐物による飛沫感染

嘔吐物の処理不十分により乾燥して空気中に漂う塵埃感染

吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、発熱は軽度

感染しても発症しない場合や、軽い風邪のような症状の場合がある

※エンベロープとは、ウイルスの構造の外側にある脂質で出来た膜のことです。エンベロープをもつウイルスは、アルコール消毒剤からダメージを受けやすいのに対し、エンベロープをもたないウイルスは、ダメージを受けにくく、アルコール消毒剤が一般的に効きにくい傾向にありますが、最近ではエンベロープをもたないウイルスにも有効な酸性アルコール手指消毒剤が開発されています。