健康コラム

健康プチ情報

教職員研修会(心肺蘇生法講習)

 7月6日(火)午後、埼玉医科大学総合医療センター高度救命救急センターをはじめ、埼玉医科大学病院、川越消防署より9名の皆様を講師にお迎えし、教職員研修会(心肺蘇生法講習)を開催しました。前半の講義に続き、後半では実践的な内容を学ぶことができました。緊急事態に備え、(生徒の安全を確保する上で)その場にいる我々教職員が組織として協力し、最善の策を考え、自らの役割を確実に実行できるように日頃から準備をしておくこと、万一発生した時に力を発揮できるようにすることが重要です。そのことを身をもって実感した大変貴重な時間となりました。講師の皆様、お忙しい中ご指導いただきありがとうございました。

 

 

ようやく梅雨入り

 例年より1週間遅れの梅雨入りとなりました。曇っているのに湿度が高く、少し動くと汗だくになるような日もあれば、真夏のような日差しになったり、気温や気圧が乱高下しています。このような気候の変化に伴って出現する体調不良は『気象病』と呼ばれ、季節の変わり目に特有の症状です。その症状は様々で、頭痛やめまい、耳鳴り、関節痛など、その中でも特に多いのが「頭痛」です。これら体の不調に対応するためには、やはり日頃からの生活習慣が重要です。

  • 運動習慣を身に着ける(じわっと汗をかく程度の軽い運動でOK)
  • ストレスをため込まない(解消法を準備しておく)
  • ぐっすり眠る
  • 栄養バランスの整った食事を摂る

 これから本格的な梅雨に入り、じめじめした日が続きます。マスク生活はまだまだ続きますので、自分でしっかり体調管理を行いましょう。

 

新型コロナウイルス感染症 まだまだ予防は続きます!

 まん延防止等重点措置の対象区域となっている川越市、31日が期限とされていますが、1か月程度の延長となるようです。多くの人が、「まだやるの?」「意味なくない?」と心の中で思っているかもしれません。

 さて、『意味があるもの』にするかしないかは、皆さんの考え方、行動次第ではないでしょうか。無意味だと他人事にしますか?それとも意味があることと考えて自発的に行動しますか?

 今一度、自分と向き合って考えてみてください。

入学・進級おめでとうございます!

 令和3年度が始まりました。例年になく暖かい日が続いたため、桜の木はすでに新緑へと移り変わっています。未だに終着点が見えない新型コロナウイルス感染症ですが、国内でワクチン接種も始まり、ようやく明るい兆しが見え始めたかなという感じでしょうか。「新しい生活様式」がすっかり定着した日常ですが、まだまだ油断は禁物です。今一度気を引き締め、感染症予防を心がけきましょう。。

花粉症 vs 新型コロナウイルス感染症

 今や国民病と言われるほどの『花粉症』、毎年この時期の代名詞ですが、今年は新型コロナウイルス感染症の影響で少し控えめ…と思いきや、花粉は大量に飛散し、換気と花粉との板挟みでつらい毎日を送っている人も多いはず。花粉症の症状は一般的な風邪の初期症状に似ているので、「もしかしてコロナに感染?」と不安になることも。花粉症の場合、花粉の粒子が大きいので、『鼻水ダダ漏れ状態』は花粉症でほぼ確定であると考えられますが、いずれにせよ予防が一番。

<コロナ禍での花粉症対策>

  • 正しいマスクの装着(隙間を作らない密着装着)
  • 鼻をかむ前の手指消毒(ウイルス感染のリスクを減らす)
  • ストレスフリーな生活習慣(食事・睡眠・運動のバランス)
  • 鼻うがい※

 なお、鼻うがいは、専用の市販品や手作り生理食塩水で行うなど様々ですが、中耳炎等の禁忌疾患がありますので、行う場合は十分に注意してください。

(参考・引用:みらいクリニック https://mirai-iryou.com/aiube/nose_irrigation/)