川南通信

川越南高等学校

アンモナイトを探せ

12月17日(金)放課後、地学実験室で希望生徒対象に化石の取り出し作業が行われました。石を割る様子を放送部が取材に来ています。今日は放送部員の様子も併せてお伝えします。

LHR 修学旅行に向けて

12月16日6時間目、2年生は修学旅行に向けて沖縄の歴史について学びました。グループ学習で「琉球王国」「太平洋戦争」「米国統治」の分担を決め、調べ学習をしました。具体的は各学習内容についてのシートが配布され、そのシートに記入するために資料を調べながらの学習となりました。

いろいろと友人同士話をしながら、ある班では少々重い空気感のなかで、別の班では和気あいあいと行う姿が見受けられました。

 

  

  

考査後の授業(芸術)から

12月16日(木)本日は、書道と美術の授業にお邪魔しました。

書道Ⅱでは合評会(鑑賞の授業)が行われています。自分の作品について自己評価と他者評価(作品鑑賞カード)で、更に鑑賞を深めていくという内容です。字形、構成、線、墨の具合などについて、丁寧に記載していく生徒たちの様子が印象的でした。軸や額にすると、その良さが更に際立ちそうです。いつもですが、この「静」の空間は最高です「文字」は人なり。

美術Ⅱは、アクリル・絵画「風景・自画像」の取組です。学校にいる自分を俯瞰し、さらに魚眼構図に描きなおすというハードルの高い授業です。スマホで素材の自撮りを行い、平面スケッチしたものを魚眼化していきます。集中し作品に向かう生徒の姿は大変印象的でした。

 

 

 音楽は考査前の様子です。「合唱」を含むことから、常にコロナウイルス対応に気を配った授業が行われています。ピアノ伴奏による生徒たちの美しい歌声と、生徒たちがリズムに合わせて手拍子(身体表現)する場面をそれぞれ写真に収めさせていただきました。芸術は心・人生を豊かにしてくれる存在です。

 

定期考査最終日

12月15日(水)考査最終日。

13日(月)は東武東上線の遅延対応で、1時間時程を繰り下げた実施となりました。本日全日程が終了し、放課後からは部活動再開です。

 

 明日16日は3年生対象共通テスト説明会、21日・22日は球技大会、23日は百人一首大会などが予定されています。

                

 

総合的な探究の時間

12月8日(水)7時間目、探究活動を行いました。

今年度「SDGs」をテーマに1年間学習してきましたが、いよいよ発表の準備の段階です。

これまでの時間で、ワークシートに発表内容の検討をしてきたので、本時は1月の発表に向けて、班ごとに配布された色鉛筆やマジックを使って発表用紙に「班の成果」をまとめる作業を行い、発表を意識したプレゼンテーション資料を作成しました。

各班とも、楽しそうに意見を出し合いながらレイアウトを決めていました。

1月の発表はクラスごとに行いますが、生徒たちは自分たちの班以外の班がどんな仕上がりになっているか気になっている様子でした。

 

  

  

理科部『冬休み科学教室』に参画

本校の理科部が「第15回 冬休み科学教室」に他校とともに参加します。

日時:12月25日(金)13:30~

会場:県立川越高校

目的:市内の県立4校(川越高校・川越女子高校・川越南高校・川越初雁高校)が協力して、市内小中学校へ理科の楽しさを伝えることで、理科に関する興味関心を高めるという目的です。高校生自身もまたプレゼン能力の向上を図り、地域の理科教育の振興に資する。

主催:県立川越高校・県立川越女子高校

対象:市内小学4年生以上・中学生、その保護者 先着150組(オンライン申込)

申込:申し込み開始は12月6日頃(川越高校のHPにてご確認ください)

後日川越市教育委員会から配布されるチラシをご覧ください。『冬休み科学教室(ちらし).pdf

 

 

美術2年「平面構成」授業報告

美術選択2年生のデザイン課題「平面構成」の作品が完成しました。貝を観察し、そこから発想したイメージを定められた条件で再構成する課題です。貝を表す分割面と円、直線の3つを必ず構成要素に使います。 各面の大きさや、色の濃淡などを演出し、正方形の画面に調和を生み出すことが目標です。

完成後クラス内の作品から各自がベスト1をセレクトする講評会を行いました。緻密で作業の丁寧な作品だけでなく、シンプルで大胆な構成の作品にも票が集まりました。

1年生 進路ガイダンス(オンライン大学見学会編)

11月30日(火)1年生進路ガイダンス(第2日)が行われました。国公立はじめ14のパターンから希望の2校を選択します。各種大学をzoomで視聴。施設紹介、設置学科の特徴、入試情報、大学入学後の進路実績、学費、奨学金、オープンキャンパス情報等。大学によっては、web見学中のところもありました。疑似体験もなかなか楽しいものです。何と言っても進路は早期着手が決め手。また、大学入試は全国の高校生等が相手であることも頭に入れておく必要があります。定期的に行われる模試を通じて、自分の成績の全国での位置を確認していくことでもあります。1年生の皆さん、ぜひこの2日間の進路体験を家族の方と共有してみてください。

1年生 進路ガイダンス(職業編)

1月29日(月)1年生は3・4時間目に『職業別進路ガイダンス』(37分野からの選択)を実施しました。前後半の二部構成で、一人2つの職業について学習します。各種上級学校等から講師を招聘し、対面を基本に行われました。事前にオンラインで希望調査を行い、本日の実施となりました。『社会に貢献できる自立した社会人の育成』が本校の目指す学校像でもあります。数年後の自分はどのように社会貢献しているのか、またどのような分野に興味関心があるのか、真剣に考えるきっかけにしてほしいと思います。AIの登場によって、現在の職業も大きく変化すると言われています。明日は、引き続き、オンライン大学見学会を予定しています。