川南通信

川越南高等学校

全校集会・臨時生徒総会・激励会

7月20日(火)全校集会、臨時生徒総会、放送部の激励会、がリモートで行われました。本校は2学期制のため、前期の終業式は9月30日。そこで、明日からの夏季休業を迎えるにあたり全校集会が行われました。

校長講話では、①防疫 ②詰める力 ③オリ・パラについて話がありました。①では他校(県立高校)の黙食への実践例などを交えた、家族を含めた健康観察の徹底と不要不急の外出への注意喚起。②では復習ノートの活用を例に挙げ、やり抜く力とできなかったことをできるようにする必要性について。③では地道な練習(努力)の繰り返しと成功体験を積むことの大切さについて。結びは卒業生の高宮なつみさん(近代五種競技出場)を全校あげて応援しようという内容で締めくくられました。また、全国大会出場に向けた激励会では、放送部作成の動画を視聴し、すばらしい作品を全校で共有することもできました。さあ、明日から夏休みとなります。皆さん一人ひとりにとって充実した期間にしてください。

 

  

薬物乱用防止教室

7月19日(月)、1時間目、各教室でスライド、動画による薬物乱用防止教室が開かれました。

最近のニュースから現実の事案を例に挙げながら、自らの行動をどうしなければならないかを考え、ワークシートに書き込みながらの防止教室となりました。恐ろしいことが身近で起こっている感覚を抱いた生徒も多かったように思います。

 

  

外務省高校講座

本日は定期考査最終日。考査終了後、本校卒業生で現在外務省に勤務されている大手紳太郎様による「外務省高校講座」がリモートで行われました。

外務省はどのようなところか、その役割をご説明いただいた後、実際の仕事内容を勤務先の状況を踏まえてお話しいただきました。実体験を基づいたお話は大変興味深く、生徒たちも真剣に耳を傾けていました。

最後に、在校生へのメッセージとして、「挑戦なくして結果なし!」「目の前にあるものに全力を尽くせ!」とご自身の経験を踏まえて熱く語ってくださいました。また、語学学習に関してもアプリを利用した学習方法を紹介していただき、今後の学習に活かすことができる内容でした。

お忙しい中、ありがとうございました。

 

  

国際交流:オンライン交流会with Cabra校

6月22日(火)4時限目、本校の姉妹校であるオーストラリアのキャブラ・ドミニカン・カレッジの日本語を学ぶ8年生24名とzoomを利用してオンライン交流を実施しました。

本校からは、1,2年生16名が参加。全体で挨拶をした後、各自画用紙に描いた絵を見せながらの自己紹介。今日が誕生日と紹介した生徒に対しては、オーストラリアからHappy Birthdayの大合唱が聞こえてきて皆で感動する場面もありました。あいにく、開始数分後からキャブラ校の画像が映らなくなってしまいましたが、音声のやり取りはしっかりできました。次回は画像も含めて交流が更に深まる企画を考えていきます。

キャブラ校へ手を振って

自己紹介シート 

3年生選択授業「子どもの発達と保育」

6月23日(水)、沐浴実習を行いました。新生児人形を使い、一人ずつ沐浴の体験です。本物の赤ちゃんとは違いますが、びっくりさせないように気を遣い、清潔を保つ沐浴の大切さを学びました。新生児人形に愛着がわき、抱っこをしながら授業を受けた生徒もいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎時間、数名ずつ「絵本の読みきかせ」もしています。

図書館通信「南風」第3号発行

雨の季節となりました。
借りた本は、ビニール袋に入れるなど丁寧に扱ってもらえると助かります。
紙に水は大敵!濡れてもある程度修復できますが、やっぱり元には戻りません。
借りた本はしっかり管理してください。

今月もたくさんの本を受け入れました。
ぜひご利用ください。

図書館通信「南風」2021年6月号.pdf

3年生選択授業「フードデザイン」

6月18日(金)、武蔵野調理師専門学校・中村昌次先生による出前授業を受講しました。

先生方の見事なデモンストレーションに魅了され、活車海老をさばき、揚げ物料理をしっかりと学びました。御指導に従って自分で揚げた天ぷらの味は格別で、プロの手仕事、技術に触れ、大変有意義な時間となりました。武蔵野調理師専門学校の先生方、本校の為に貴重な時間をいただきありがとうございました。

 

火加減も大事飾りも大事盛り付け方も大事

 

 

 

 

 

 

出来上がり講師の方の技術に感動 大根はつながっています

教育実習_2

6月18日(金)、教育実習最終日となりました。

教育実習生の1人に、3週間の感想を書いてもらいました。

<感想>

私は教育実習で教員として必要な資質や能力を高めることができた。まず、授業見学では、内容やクラスによって授業のやり方はさまざまであった。そこで、内容や生徒に合った授業を展開する大切さを知った。また、授業方法も学ばせていただいた。多くの先生方が生徒同士で教え合いや確認をさせていて、この活動が生徒の理解を深めることにつながっていると感じた。

次に実際の授業を行う中では、黒板を使って授業をする大変さを学ぶことができた。黒板では書いたり消したりする時間があり、板書計画をしっかりしていないと授業を円滑に進めることができなかった。そのため、教材研究をしっかりと行い、簡潔に説明して、生徒に理解させることが重要であることを知った。

3週間の教育実習ではまだまだ学びきれていないこともたくさんあるが、忙しい中ご指導いただいた先生方に感謝して今後に自分の糧としたい。

 

  授業の様子PowerPointで分かりやすく 

英語でテンポよく

寄せ書きのプレゼント

生徒会役員立会演説会

6月17日(木)6時間目に生徒会役員選挙のための立会演説会が行われました。6月4日(金)に告示され、本日演説会後に投票です。先日の生徒総会同様に、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策としてリモート形式で実施されました。立候補者とその推薦者による演説では、「学校を良くしたい」という思いを具体的に、またはこれまでの各候補者の経験などを交えながら熱心に訴え、力のこもった演説会となりました。                                          結果、9名が全て信任されました。次期生徒会役員の皆さん、川越南高校を更に良くするために力を発揮してください。

 

 

総合的な探究の時間

6月16日(水)7時間目、2年生が総合的な探究の時間において、探究学習を行いました。探究学習は本時で4回目となり、新しく「情報収集」をテーマに活動を行いました。今後はこれまでにたてた仮説に基づいて「川南生に対するアンケート調査」を行っていきますが、本時はその質問を考える時間となりました。

始めにアンケート調査について本校教員が作成した説明動画を視聴、その後班ごとに質問項目を考えるという流れで行いました。生徒たちは動画を見ながらメモを取り、班での話し合いでは「この質問をした場合、どんな答えがくるだろうか?」など回答を予想しながら質問を考えていました。