川南通信

川越南高等学校

教育実習

先週より本校では、卒業生である教育実習生による実習が始まりました。1週間が経ち、最初は緊張した面持ちであった実習生たちも、だいぶ慣れてきたと思われます。

そこで、実習生に最初の意気込み、そして1週間が経った時点での感想などを書いてもらいました。

 

意気込み:今回、先生方や生徒の皆様のご厚意で貴重な体験をさせていただいているということを常に念頭に置いて、この3週間、周囲への感謝の気持ちを忘れずに、かつ全力で楽しんで、実りある実習にしたいと思っております。

1週間経過の感想:教育実習が始まって1週間が経ちました。いろいろな教科の先生方の授業を見学させていただき、教師として重要な教科指導についてたくさんのことを学ぶことができました。また、授業をした後には指導教諭の先生が様々なアドバイスをしてくださいます。教育実習を受け入れてくださった母校に感謝し、頑張っていきます。

 

あと、2週間ほど続きますが、在校生たちも年齢の近い先輩から学ぶことは多いと思います。ともに実りある時間となるのではと思います。

 

 

 

 

大学入試を知ろう~特徴とスケジュール~ & これからの学習について~今、何をすべきか~

6月3日(木)6時間目、2学年は、ベネッセコーポレーションの方による大学入試についての説明会がオンラインで開催されました。昨年度、大きな変更(大学入試センター試験から大学入学共通テストへの変更、など)がありましたが、こうした現時点の大学入試の特徴や日程と、今後時代の変化に伴い、求められる能力も多様化する中で、2年生の6月からどのような学習をしていくことが求められ、そしてどのような能力・学力を身につけていくべきなのか、についてのお話がありました。あらかじめ用意されていたレジュメにメモをとるなど、真剣に耳を傾け、モニターを見つめている姿が印象的でした。

内容としては、主に大学入試、を通じての話であり、卒業後、という視点よりもむしろ、残りの高校生活の中で特に2年次に如何に学習を進めていくべきか、という話がメインとなりました。多くの先輩方の例を挙げ、今現在から3年生に至るまでのこれからの時期が非常に重要であること、そしてこの時期が進路先に大きな影響を及ぼすことになることを理解した様子でした。

 

  

総合的な探究の時間

6月2日(水)3,4時間目、1,2年生は総合的な探究の時間でした。総合的な探究の時間を通じ、①課題、仮説を設定する力 ②調査、情報収集を行う力 ③資料を読解、分析する力 ④正解のない問題に対しての解を設定する力 ⑤探究した内容をまとめる力、の5つの力を身につけることを目標とし、具体的には、SDGs目標に関する地域の問題点を見つけ、その解決策を提案する、ことをテーマとして掲げました。

3時間目には主にオリエンテーションとテーマの検討、その後4時間目終了までテーマの検討とワークシートの作成を行いました。各クラスで家の近い者同士が4,5人のグループとなり、話し合い、調べながら、検討を重ねました。今後は各班ごとのテーマに基づき、情報収集とその検討、調査、そして問題点のピックアップと解決策の提案、検討、さらにまとめとして資料作成(ポスターの作成)などを行い、来年2月の発表に向けて進めていく予定です。

 

  

PTAによる交通安全指導

5月24日(月)、PTA生徒指導委員会による第1回交通安全指導が行われました。最寄りの南大塚駅から学校までは、交通量の多い国道16号線の横断や通勤のための抜け道となって集中しやすい交差点などが混在しています。生徒はもちろんのこと、隣接する中学校の生徒の皆さんや一般の方々も、通行には十分な注意が必要です。そのような通学路に立ち、平成29年度に購入した横断旗と川越南高校PTAの腕章をつけて、生徒一人一人に挨拶と注意を促していただきました。朝の大変お忙しい中「川南生の安心・安全な学校生活」のために御協力をいただきましたことに心より感謝申し上げます。改めて生徒が留意すべき点を確認することもできました。

 旧大東公民館前交差点での交通指導

 

 

通信調査に係わる生徒保有情報端末の活用調査を実施

5月21日(金)14時から、2年生、3年生、1年生の順で通信状況を把握するための調査を実施しました。これは、文部科学省の通知に基いた調査で、本校では、定期考査初日で生徒の帰宅が早い本日の実施となりました。

帰宅した生徒と学校にいる担任とでリモート接続が可能かクラス単位で行いました。確認ができた後は、通信状況等のアンケートを実施しました。                                                               各クラスでは、ほとんどの生徒がネットを介してリモートに参加しました。いつもとは異なる形でのホームルームで、担任が、パソコン画面を通して一人一人呼名をし、返事をしてもらったり挙手マークで意思疎通を図ったりなどの工夫が見られました。いつもとは異なっているため、初めは緊張感もありましたが、ネットを介して次第に新鮮な空気感がお互いの間に流れているように思われました。

教室から担任が接続

接続者が続々

 

生徒総会(リモート)と激励会

5月20日(木)6時間目、例年ならば体育館にて行われている生徒総会ですが、新型コロナウイルス感染症を考慮し、各教室にてのリモート開催となりました。                                            議長は、議案ごとに承認の生徒の拍手を求め、学級委員がその状況を判断しチャットで報告するという形で行われました。                議題は、昨年度の決算・今年度の予算について、生徒会会則の改定について、生徒会年間行事予定についてで、全て承認されました。また、各委員会委員長から今年度の方針の報告等がありました。                                                         その後、関東大会に出場する空手道部への激励会が催され、教室から拍手が聞こえてきました。

 

  

次年度教育課程についての説明会

 

本日7時間目に1,2年生は次年度にける授業を選択するための説明会が開催されました。                 本校は、今年度の入学生まで3年次に3系(文系1・文系2・理系)に分かれるため、2年次の2系(文系・理系)から進路先を踏まえしっかり考えて選択していくことになります。 

密になることを回避するために、1年生は体育館、2年生は各クラスであらかじめ撮影しておいた動画による説明会となりました。

1年生は、次年度にいわゆる理系に進むのか、あるいは文系に進むのか、の選択を。2年生は理系、文系の枠のみならず、本人の進路希望に即した科目選択ができるよう、選択科目の内容や適性・進路について細かな説明がありました。

特に、2年生は自らの進路を思い描きながらの説明会となりました。説明会終了後には、本日配布された「進路の手引き」の読み合わせも行われ、先輩の進路も参考にしながら、自分自身の未来を思い描く姿が見られました。この後は、自分の将来に進路についてしっかり考え、保護者の方ともしっかり相談して、希望票を6月1日(火)にまでに提出することとなります。

3年生は、「調査書」について内容確認を行いました。希望進路実現に向け、具体的な動きとなっています。

  

 1年生            2年生             3年生

 

1,2年生遠足

 5月13日(木)、1,2年生の遠足が行われました。1年生はバスを使い東武動物公園にて園内を班別行動、2年生は主に電車を使い長瀞、秩父近辺を数名ずつの班に分かれて散策しました。

 現在、新型コロナウイルス感染症対策のまん延防止等重点措置等に基づく協力要請として、県境をまたぐ移動を自粛するように、とのことから、県内において感染症対策を充分に取りながらの実施となりました。

  天気が心配されましたが、雨も本降りにならず、また、体調不良者も出ず、生徒はクラスの親交を深める良い機会となりました。特に2年生は入学してから初めての旅行行事ということもあり、楽しかったという感想が多く聞かれました。

 2年生は、秩父神社や長瀞へ                  

 

1年生は、東武動物公園へ

 

 

 

 

 

 

3年生文系教科「地学基礎」

4月下旬の授業で、教室から飛び出して「地球の大きさ」を求める実習を行いました。               GPSと歩測を用いて2地点間の距離と緯度差を測り、地球全周の長さを算出する授業です。生徒たちは計算に苦労しているようでした。                                               この方法で世界で初めて地球の大きさを求めたエラトステネスは、紀元前3世紀の人物だというのだから驚きです。

スタート地点歩幅は一定に