川南通信

川越南高等学校

生徒保健講演会

10月20日(水)定期考査最終日に、リモートによる生徒保健講演会が行われました。「高校生の今知っておきたいこころの健康講座」と題し、東京大学相談支援研究センター講師 大島紀人先生からお話をいただくことができました。1年半にもわたるコロナ禍、日常生活も大きく変わりました。また、高校生活の中でも、ちょっとした人間関や進路のことで、大小問わず、皆それぞれに悩みを抱えているのではないでしょうか。大学生や本校の例を具体的に示しながら、思春期の心の健康について大変分かり易いお話をいただき、休憩タイムとして東大キャンパスのご紹介もありました。心だって風邪をひく。全校集会でもお話しましたが、一番勇気ある言葉は「助けて」だったはずです。一人で悩まず、勝手に思い込まず、必ず「おや?いつもと違う」と感じたら、周囲の誰かに是非心を開いて声をかけてみてください。本講演会は、希望された保護者の皆様にも別室から聴講いただきました。ご参加いただきました保護者の皆様、お忙しい中のご参加、誠にありがとうございました。

 

 

 

 

定期考査Ⅲ

10月15日(金)から定期考査Ⅲが始まっています。各教科の設問は選択・穴埋め・記述・論述と様々な形式で出題されています。既習事項の確認です。頭脳をフル回転させ、最後まであきらめずに問題と格闘してほしいと思います。「前傾姿勢」は集中の証。最終日まで頑張っていきましょう。

 

芸術科 美術3年 課題「大好物」報告

10月1日(金)3年生美術選択の課題「大好物」が完成しました。
アクリル絵の具を使用した絵画表現の応用課題です。今回は制作時間の大半が分散授業(対面授業とオンライン授業)となりました。通常授業に比べ、用具準備や個別指導に不自由を感じることもありましたが、完成した作品は密度の高い「美味しそうな」絵画が並びました。全体的に暖色系の「明るい」配色が印象的な年です。

  

  

  

  

 

総合的な探究の時間

 2年生は昨日と本日、総合的な探究の時間として探究活動を行いました。具体的には、

10月6日(水)
以前、SDGsの課題を設定したものをベースに、他の2クラスに調査を依頼するための調査用紙(質問用紙)を作る

 10月7日(木)
調査を他2クラスで実施。その後、調査結果が返り次第、班ごとに結果の集計、分析

 両日ともに班で様々な意見を出し合いながら、調査で回答しやすく、後で分析しやすい質問や選択肢の作成を行いました。
 次に、他クラスの班の質問に各自が回答して、質問者に返却。
 更に、各班が他クラスに回答してもらった結果を集計。
 最後に、集計した結果からどのような分析ができるのか、ということを考えました。

 

 

本日の授業

10月7日 本日も工夫をしながら授業を展開中。マスク・手指消毒・特に体育や音楽などでは距離に配慮した指導が今後も続きます。頑張ろう川南生!

 

朝練も戻ってきました

 

10月6日(水) 体育館に元気な声が響きます。女子バスケットボール部の朝練風景です。「おはようございます」のあいさつに、朝から「元気パワー」をいただきました。引き続き安全に留意して目標に向かって活動を充実させていってほしいと思います。全員授業・全員部活動ができること。心からうれしく思います。

 

後期の授業参観より

6月から始めた授業参観も分散登校などを挟んだために後期に持ち越されました。全員登校による当たり前の授業、参観させていただきながら、改めて「学校に来る意義」「学校とつながること」「学校が大切な居場所」であることを感じています。活気ある川南のパワフルな授業が戻ってきました。本当に嬉しい。今回は、国・数・情報を参観しましたのでその様子をお知らせします。ペア活動、音読、大学入試問題との格闘、プログラミング演習など、生徒の真剣で充実した姿に安堵しています。

後期始業式

 10月1日、2学期制の本校にとっては後期の開始日となります。また、本日より緊急事態宣言が解除され、分散登校が終了し全員登校となりました。

1時間目に「後期始業式」が行われました。
校長講話では、『論語』「不憤不啓、不悱不発」(墳せずんば啓せず、悱せずんば発せず)の一節を引用し、学ぶ姿勢(自身の授業や部活動に臨む姿勢)の振り返りをしてほしい。『2021子ども白書』によると「居場所」の多さと「自己肯定感」には相関関係があるとされている。是非、学校が皆にとって大切な「居場所」の一つであってほしいとの話がありました。特に3年生には「受験生は今からが一番苦しい時、自分の夢の実現に向けて頑張ってほしい」とエールが送られました。
 生徒指導部長からは、ゴミ捨ての意識、コートの紹介、そして「川南緊急事態宣言」とならないよう、マスク・黙食等の継続を。
進路指導主事からは、環境を言い訳にしない。知識は、狭めたり短期記憶にしないで、広く長期記憶を目指して。と呼び掛けられました。

 その後、陸上競技部の関東大会出場へ向けての激励会、生活委員代表による自転車マナーアップ講習会が行われました。いよいよ後期授業スタートです。 

  

  

全校生徒で後期授業スタート

10月1日、全校生徒による授業が再開しました。台風の影響で天候は今一つですが、校内は活気にあふれています。          先生方も、生徒が全員着席している様子に「うれしいね。」そう言って授業を開始。生徒と教師でつくる授業空間は最高です。