川南通信

川越南高等学校

オーストラリア交換ホームステイ7日目

9月21日(土)から23日(月)までの週末3日間を各ホームステイ先で有意義に過ごしたのち、9月24日(火)ホームステイ7日目は、川越遠足を実施しました。

まずは、ガラスの箸置きの製作体験を行いました。
どれも個性的な模様とカラフルな色づかいで、とても綺麗な箸置きが完成しました。
また、川越歴史博物館を訪問しました。
火縄銃や刀を実際に持たせてもらったり、様々な展示物について紹介をしていただきました。
自由散策の時間では、バディの生徒と一緒に、時の鐘や氷川神社など、川越ならではの観光スポットを巡りました。

 

 

教頭言伝 部活動探訪「サッカー部(男子)」編

文武両道の校風を特色とする本校の様々な部活動を紹介しています。

9月21日(土)はサッカー部を訪問しました。
川越南高校サッカー部は男女合わせて100名を超える大所帯となり、本校では最も部員数の多い部となっています。
男子はABCの3グループ編制で、加えて女子チームが活動しています。
女子チームの記事は後日改めて掲載することとして、今回はサッカー部男子の練習の様子をお伝えします。
ここ数年の大会実績では県ベスト16となっていますが、遡ること約10年前、全国高等学校サッカー選手権大会や関東高等学校サッカー大会などの埼玉県予選会(県大会)で準決勝まで進出するなど、川越南高校サッカー部は相応の存在感を示しています。
そんなサッカー部の練習は、一人一人が意識を高く持ちながら、チームとしての目標達成に向けて一丸となって取り組んでいる様子が伝わってきました。
訪問時はABチームの合同練習を行っていましたが、オフェンスとディフェンスに分かれたシュート練習など様々な局面を意識した練習メニューを複数展開していました。
練習の終盤にはミニゲームを行い、オフェンス時のコンビネーションやディフェンス時のボールの奪い方、狭いエリア内でも余裕がモテるボールのもらい方など素早い状況判断をしながらスピード感のあるプレーを次々と繰り出していました。
今後も一人一人の技術力を向上させつつ、チーム全体としての戦術面への理解も深め、川南サッカー部の更なるレベルアップを期待しています。

  

  

  

部活動・サッカー部のページへのリンクはこちら

教頭言伝 部活動探訪「陸上競技部」編

文武両道の校風を特色とする本校の様々な部活動を紹介しています。

9月21日(土)は陸上競技部を訪問しました。
関東高校駅伝競争大会に3年連続、通算16回出場の輝かしい実績を持つ陸上競技部は、川越南高校を代表する部活動の一つです。
関東高校陸上競技大会(北関東大会)及び関東高校新人陸上大会と合わせると、実に27年連続関東大会出場となります。
今年度も男子400mハードルと女子七種競技の2種目において関東大会出場を果たしました。
陸上競技部の校内練習は第2グラウンドで、訪問時には短距離・長距離・投てきの3つのグループに分かれて練習をしていました。
翌22日(日)に大東文化大学が主催する競技会に参加予定の長距離グループは、ジョグや1000m走などを行いながら調整中心の練習メニューをこなしていました。
短距離・投てきのグループもチームワーク良く互いに切磋琢磨して、一つ一つの練習メニューにしっかりと向き合っている様子が伝わってきました。
頭の中で考えているイメージと身体の動きの調和を図りながら、一人一人が課題を持って取り組んでいる点が素晴らしいと感じました。
陸上競技は「リハーサルの繰り返し」と言われるように、イメージトレーニングが欠かせません。
ぜひ各々が良いイメージを持って競技会当日に最高のパフォーマンスが発揮できよう日々の練習を頑張ってください。応援しています。

  

  

  

部活動・陸上競技部のページへのリンクはこちら

オーストラリア交換ホームステイ3日目

9月20日(金)ホームステイ3日目は、音楽・国語・物理の授業を行いました。
音楽では、伴奏に合わせて日本の名曲「ふるさと」合唱しました。
国語では、百人一首を行いました。スピードと正確性が求められますが、たくさんの札をゲットしていました。
物理では、静電気の実験を行いました。全員で手を繋ぎ、静電気が一周するかドキドキしながら実験に取り組んでいました。
また、放課後には茶道の体験も行いました。日本の文化に少しでも興味を持ってもらえたら嬉しいです。

 

 

教頭言伝 ICT活用授業「視察訪問」

9月17日(火)茨城県立佐和高等学校の先生方3名が本校を訪問し、ICTを活用した授業を見学されました。
今回は「タブレット端末(Chromebook)を授業の中でどのように活用しているのか」といったことに主眼を置いた視察訪問で、「情報の科学」「生物基礎」の取組状況を御覧いただきました。
いずれも「主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニングの視点)」を踏まえたグループ学習形式で、埼玉県教育委員会が推進しているジグソー法を用いた授業手法で展開していきました。
生徒たちは予め準備された動画教材を見たり、検索エンジンを用いて調べたりしながら授業が進んでいきます。
タブレットというツールを活用しながら、生徒同士が積極的にコミュニケーションを取って授業に参画している様子に、見学された先生方は大変驚かれていました。
茨城県立佐和高等学校の先生方、遠方から御訪問いただき、ありがとうございました。

  

  

オーストラリア交換ホームステイ2日目

9月19日(木)ホームステイ2日目は、今後の日程などのオリエンテーションを行った後、本校生徒による学校案内を行いました。
また、美術の絵手紙の体験では、魚や葡萄、さつま芋など好きな絵を描いていました。
弓道体験も行い、日本文化にも関心を持ってもらうことができたと思います。

 

 

オーストラリア交換ホームステイ1日目

川越南高校では、国際理解教育として、姉妹校であるオーストラリアのキャブラ・ドミニカ・カレッジとの交換ホームステイを行っております。
今年度は、キャブラ校の生徒11名と職員2名が来日し、9月18日から9月28日までの11日間、本校生徒宅にホームステイをしながら日本語や日本文化等を学んでいきます。

9月18日(水)初日の今日は、”Welcome Ceremony”として、校長挨拶、代表生徒の挨拶、ホストファミリーとの対面式を行いました。
明日からは本校生徒と一緒に授業を受けたり、川越遠足などを行う予定です。
有意義な10日間になるよう、川南一丸となって『おもてなし』をしていきます。

 

教頭言伝 部活動探訪「ソフトボール部」編

文武両道の校風を特色とする本校の様々な部活動を紹介しています。

9月11日(水)はソフトボール部を訪問しました。
野球部とハンドボールと同じく第1グランドを練習場所として活動しているソフトボール部は、限られたスペースと時間を有効活用するための工夫をしながら、メリハリをつけた練習を行っています。
訪問した時はちょうどピッチングマシンを使ったバッティング練習と守備練習、バッテリーのピッチングとキャッチングの練習、トスバッティングなどを時間を計りながら合理的に行っていました。
川越南高校ソフトボール部は経験者よりも初心者の方が若干多くいますが、日々の練習の中でチームメイトのプレーを見ながらお互いにアドバイスをする雰囲気の良さがあります。
今年度5月には地区予選を突破して「関東高等学校ソフトボール大会県予選会」に出場することができました。
これからも互いに励まし合いながら部員一人一人の競技力と技術力の向上、更にはチーム力の向上を目指し、川越南高校ソフトボール部のますますの活躍を期待しています。
  
  
  

【9月8日18時掲載】9月9日(月)10時40分登校

【R1.9.8 18時掲載】
在校生への連絡
台風15号は非常に強い勢力で9日未明から明け方にかけて関東地方に上陸し、埼玉県にもかなり接近する見込みです。
また雷を伴って非常に激しい雨が降るところがあり、気象庁からは大雨・洪水・暴風などの警報が発令されていますので、安全確保に努めてください。

9月9日(月)は10時40分SHR開始です。
通常より2時間遅れの登校時間となりますので注意してください。
なお、登校する際は最新の気象情報を把握するとともに通学経路の安全確認を行い、くれぐれも安全第一での行動を心掛けてください。

川越南高等学校・緊急情報発信用webサイトへのリンク

「藤華祭」2日目

9月8日(土)藤華祭(文化祭)2日目を開催しました。
本日は天候も心配されましたが、無事最後まで行うことができました。
教室のお店では川南生の「アイスいかがですか~?」などとても元気な声がたくさん聞こえていました。
2日間を通して生徒たちはとても元気で楽しそうにやっていて、来ていただいた方々には川越南高校のパワフルな一面が伝わったのではないでしょうか。
エンディングセレモニーではギター部の演奏や今年度の「藤華祭」の表彰が行われました。
最優秀賞は3年9組のタピオカが選ばれました。
2日間に亘り盛り上がりをみせた「藤華祭」でしたが、運営してくれた実行委員や司会の「渤海同好会」のみなさん、また、お越しいただいた方々、本当にありがとうございました。