川南通信

川越南高等学校

球技大会(結果報告)

12月18日(金)球技大会の2日目は各種目の予選リーグの残りと決勝トーナメントの試合を行いました。
昨日に続いて感染症対策を徹底した上で学年別・種目別に競技を実施しました。
今年度の球技大会では藤華祭(文化祭)の際に作ったクラスTシャツを着て出場しているため、クラスの一体感が強く感じられました。
特に予選リーグを勝ち上がったチームによる決勝トーナメントでは、出場メンバーも応援の生徒たちもクラス一丸となって全力を尽くしていました。
スムーズな大会運営と進行をサポートしてくれた体育行事実行委員と運動部の皆さん、お疲れ様でした。
なお、今年度の球技大会各種目の優勝チームは以下のとおりです。
*男子ドッジボール 1年3組 2年3組 3年5組
*女子ドッジボール 1年6組Aチーム 2年8組Bチーム 3年4組Aチーム
*男子フットサル 1年8組 2年6組 3年7組
*女子バレーボール 1年5組 2年7組 3年2組Aチーム
  

  

  

球技大会

12月17日(木)球技大会を開催しました。
川越南高校では例年12月の定期考査後に2日間かけて球技大会を実施していますが、今年度は新型コロナウイルス感染症の影響を考慮して学年別・種目別に競技を行い、できる限り密集状態を避ける工夫をしながらの開催です。
種目は男子が5人制のフットサルとドッジボール、女子は6人制のバレーボールとドッジボールです。
クラス全員が必ず1人1種目出場するというのが基本的なチーム編成上のルールとなっていました。
クラスごとにそれぞれ予め指定されている試合開始時間に競技会場に集合して対戦開始です。
初日は予選リーグとなりますが、どのクラスも全員の思いを背負って白熱した戦いを繰り広げていました。
  

  

  

教頭言伝 教職員対象「心肺蘇生法講習会」

12月15日(火)教職員対象の心肺蘇生法講習会を実施しました。
講師は埼玉医科大学総合医療センター高度救命救急センターの医師をはじめ、地域医療機関の救急救命士・看護師等、総勢13名の方に御指導いただいきました。
胸骨圧迫やAEDの使い方など心肺蘇生の基礎を確認した後、グループに分かれて、様々な状況を想定した訓練を行いました。
倒れている人の発見から救急車が到着するまで、各人がどのように動くべきかを考え、連携した動きを取りながらの実践的な訓練は真剣そのものです。
時間や状態の記録も重要であること、躊躇せずにまず行動することなどの確認をして研修は終了しました。

 

教頭言伝 定期考査

12月11日(金)定期考査の初日を迎えました。
一週間前(12月4日)から部活動が休止となり、放課後に教室や自習室で学習している生徒が多くみられました。
定期考査は授業を中心とする学習内容の定着度を測定するツールの一つです。
この機会にこれまでの授業での取組を振り返りつつ、学習の成果が考査にしっかりと反映できているかどうか各自確認をしてください。
さて、部活動が休止となるこの考査期間を利用して、グラウンドの整備を行っています。
今回は第2グラウンドのテニスコートのラインテープの張り替え作業を行いました。
白いラインテープが地面にしっかりと固定され、離れていてもベースラインまではっきりと見えるようになりました。

 

教頭言伝 第2回学校説明会「部活動予定表」掲載

12月19日(土)に第2回学校説明会・見学会を開催します。
今回もリモート形式で学校概要や入試の説明等を行いますが、その時間帯の前後には校内を自由に見学できます。
当日の部活動の活動場所や活動時間を一覧表にまとめましたので参考に御覧ください。
12月19日(土)部活動_活動予定表 )へのリンク
中学生の皆さんは、新型コロナウイルス感染症対策について十分留意しながら、興味のある部活動を見学してみてください。

 

保健室 「ほけんだより」12月号発行

川越南高等学校の保健室が発行している「ほけんだより」12月号をWebページに掲載しました。
( 「ほけんだより」掲載ページ ) へ

12月号(R2.12.1発行)は、「新型コロナウイルス感染症~見えてきた敵の姿!~」「若者に多いカフェイン中毒」等の記事を掲載しています。
参考に御覧いただければ幸いです。


図書館 図書館通信「南風」第5号

川越南高等学校図書館が毎月発行している『図書館通信「南風(みなみかぜ)」』の第5号(vol.146)を発行しました。
12月10日から冬休み特別貸出を行います。
返却期限は年明け1月12日で、何冊借りてもOKです。
図書館通信の新着図書リストを確認し、興味のある本がありましたら、ぜひ図書館で手に取って読んでみてください。

図書館通信「南風」第5号.pdf

2学年 スポーツ大会

11月19日(木)LHRにおいて、2学年スポーツ大会「荒田杯」が開催されました。
競技種目は大繩とリレーの2つで、もともと10月9日(金)に開催した「藤華祭」の体育行事として実施する予定だった種目です。
「藤華祭」当日は雨天のため体育行事をグラウンドで行うことはできませんでしたが、本日は申し分のないコンディションとなりました。
結果は優勝2組・準優勝8組・三位7組でした。
天候にも恵まれ、一人一人が力を出し切ってすばらしい大会となりました。

  

  

 

 

教頭言伝 長距離走

11月11日(水)は年度当初の行事予定では「長距離走大会」を実施することにしていました。
例年ならば木々の葉が色づく川越運動公園陸上競技場とその周辺において男女とも8.8kmのレースを展開していたところですが、新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、今年度は中止しました。
そういった中、体育の授業においては全学年とも体力づくりの一環で「長距離走」に取り組んできました。
学校の外周を走ったり、第2グラウンドのトラックを走ったりと学年やその時々の授業の状況によっても異なっていますが、持久力や忍耐力を養うため、どの生徒も意欲的に取り組んでいました。
今週いっぱいで体育の授業での「長距離走」は終了しますが、呼吸が苦しく辛い「長距離走」を楽しそうに走っている生徒たちの姿が印象的でした。