川南通信

「ジブチ共和国」で活躍する卒業生による講演会

11月28日(木)埼玉県教育委員会「持続可能な社会を生きるグローバル人材育成事業」に係る講演会を1年生及び3年生を対象に開催しました。
講師は、青年海外協力隊で活躍している本校卒業生に依頼し、「地球規模で積極的にチャレンジする生徒の育成」をテーマに講演していただきました。
「川南生だった僕がアフリカ住んでみた」と題して、アフリカ大陸の一国である「ジブチ共和国」での体験を写真や音楽を交えながらお話いただきました。
「開発途上国」の難民と出会い、そこで多くのエネルギーをもらったという話などは、特に生徒の関心を引きつけていました。
母校の後輩に「チャレンジすることの大切さ」をなんとか伝えようとする思いが心に響く、とても良い講演会となりました。
最後は本校の生徒が感想とお礼の気持ちを伝えました。