川南通信

3年生文系教科「地学基礎」

4月下旬の授業で、教室から飛び出して「地球の大きさ」を求める実習を行いました。               GPSと歩測を用いて2地点間の距離と緯度差を測り、地球全周の長さを算出する授業です。生徒たちは計算に苦労しているようでした。                                               この方法で世界で初めて地球の大きさを求めたエラトステネスは、紀元前3世紀の人物だというのだから驚きです。

スタート地点歩幅は一定に