川南通信

家庭科 フードデザイン「飾り切り」

7月6日(月)3年家庭科選択科目「フードデザイン」」の授業において、リンゴの飾り切りに挑戦しました。
教育活動再開後の家庭科の授業においては、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から調理実習は当面実施しないことになっているため、まずは調理の基礎として「包丁に慣れる」をテーマに学習活動に取り組みました。
生徒たちは自宅で飾り切りの練習を積んで授業に参加しています。
そして、その練習の成果を測るために「リンゴの飾り切りテスト」を換気や衛生管理にも注意を払いながら行いました。
ウサギの飾り切りは必須、もう一種類の飾り切りは市松模様や木の葉模様など各自で選択します。
包丁の切れ味も抜群で、どの生徒もこれまでの練習の成果を発揮していました。
生徒からは「早く通常の調理実習を実施したい」「今後の調理実習が楽しみ」といった声が上がりました。