川南通信

教頭言伝 初任者研究授業

11月26日(火)初任者による研究授業及び研究協議を行いました。
今年度本校に着任した初任者の校内研修の一環として様々な教科の先生方にも授業を公開し、授業実施後には感想やアドバイスをいただくといった取組です。
3年生「日本史B」の授業において、埼玉県教育委員会と東京大学が連携して研究している「知識構成型ジグソー法」の手法を用いた授業実践でした。
「田沼意次は悪徳政治家か!?」といったテーマのもと、共通資料及び3つの異なる資料をもとにグループで話し合い、その後各グループの話し合いの結果を発表しました。
話し合いの中では、田沼意次は悪徳政治家?先見性のある改革者?など両者の意見が聞こえてきました。
今回の授業で得られた知識や話し合いでの様々な意見を参考に今後更に学びを深めていきましょう。
研究授業・研究協議の準備と運営に携われた先生方、ありがとうございました。

*「知識構成型ジグソー法」については以下のリンクを参考に御覧ください。
埼玉県教育委員会「学びの改革」の推進 )Webサイトへのリンク