日誌

女子バドミントン部 個人戦結果報告

新人大会西部支部予選 個人戦

8月13日(金) ダブルス

      14日(土) ダブルス・シングルス

      21日(土) シングルス

ダブルス 

山下・鶴岡ペア  17位(県大会出場) 

ベスト16決めで所沢中央ペアにストレート負け、敗者復活でなんとか県大会出場を決めることができました。上位進出を狙っていたために少し悔しさは残りますが、ダブルスの練習が思うようにできない中頑張ってくれました。

高橋・小久保ペア ベスト32

ベスト32進出を決めることができ、「思ったより勝てて良かった」と笑顔が見えました。

今後の自信に繋がってくれると思います。

小窪・中里ペア  3回戦敗退

練習で上手くいかず1番不安そうでしたが、3回戦も格上相手にファイナルセットまで戦うなど大健闘でした。

片山・倉橋ペア  2回戦敗退

練習時から安定感のあるペアであり、2回戦ももう少しのところまでいったのですが負けてしまいました。立ち上がりは緊張で上手く点数が取れませんでしたが、徐々に動きもよくなっていきました。

髙橋・磯田ペア  初戦敗退

練習から雰囲気良く楽しそうにやっていました。試合では坂戸西ペアと接戦でしたが惜しくも負けてしまいました・・・。

李・小林ペア   初戦敗退

1回戦から運悪く西武文理の強いペアと対戦でした。相手の速いスマッシュに防戦一方のゲームでしたが、良いヘアピンが決まるなど光るプレーもありました!

 

シングルス

山下  18位(県大会出場)

シードからベスト32までほとんどの相手を1桁で倒し、勝負のベスト16決め。相手は強豪星野高校で序盤リードするもじわじわと追い付かれ追い越され負けてしまいました。とても悔しそうでした・・・。その後敗者復活戦に勝利して県出場を決めました。県大会楽しみです!

鶴岡  3回戦敗退

川越女子高校にストレート負けでした。プレースピードとやわらかいタッチで相手を苦しめましたが、あと1歩届かず。1年生なので今後が楽しみです。

小久保 3回戦敗退

1回戦は足が動かず不安定な部分もありましたが、試合を重ねるごとに良くなっていきました。1年生なので今後が楽しみです。

高橋  2回戦敗退

所沢中央相手にファイナルセットで惜しくも負けてしまいました。速いクリアやレシーブが光っていました!

山本  2回戦敗退

苦手なラウンド側を狙われて苦しみました。悔しい思いをしましたが、課題が明確になったと前向きに捉える気持ちがあること、今後強くなると思います。

上澤  2回戦敗退

2回戦、星野高校のシード選手相手という厳しい組み合わせでしたが、最後まであきらめずシャトルに食らいつく姿勢が素晴らしかったです!今後はダブルスも頑張っていきます。

奥村  2回戦敗退

苦手なクリアを奥まで飛ばすことを目標に戦いました。1回戦からファイナルセットの激闘でしたが、勝利できて自信に繋がりました。

大杉  初戦敗退

1セット目は相手のペースで取られてしまいましたが、自分のプレーを変わらず続けられたことで2セット目を取り返しました。ファイナルも接戦でしたが残念ながら負けてしまいました。

 

(総評)

全体的にファイナルセットで負けてしまうという戦いが多かったように思います。体力不足、経験不足等原因は一人一人様々だと思いますが、上手くいかなかった部分は今後の課題としていきたいと思います。

しかし、前向きな部分が多く見えた大会でもありました!

ダブルスではお互いがミスしたとき励ましの声をかけあう、シングルスでは強豪相手でもあきらめないなど強い気持ちが見えました。

次は団体戦です。ここ数年の目標の1つである「団体県出場」を達成したいと思います。

今回はベスト4以上と枠が少ないですが、いけると信じています。

引き続きマスク着用など感染対策を徹底して、練習を行っていきます。

保護者の皆様、いつもご理解・ご協力ありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。

川越南高校女子バドミントン部顧問 大塚