日誌

吹奏楽部 「ニュー・イヤー・コンサート」レポート

1月12日(日)吹奏楽部「ニュー・イヤー・コンサート」を開催しました。
開場前からたくさんの方が入場口に並ばれ、開演直前には川越市やまぶき会館ホールが瞬く間に満席となりました。
午前中のゲネプロから念入りに演奏の最終練習とステージの進行・演出を確認して、いよいよ14時に開演です。
沖縄のわらべ歌として有名な「てぃんさぐぬ花」など5つの沖縄民謡を題材する「五つの沖縄民謡による組曲」で演奏会の幕が上がりました。
修学旅行で見た沖縄の美しい風景を彷彿とさせる沖縄民謡の独特なメロディーとリズムが印象的でした。
続いてスタジオジブリの長編アニメーション映画「もののけ姫」の音楽を久石譲氏が交響組曲に編曲した「もののけ姫セレクション」、そしてバレエ音楽「ドン・キホーテ」と続き、第1部クラシックステージは終了しました。
第2部では本校放送部とコラボレーションした「こわれた1000の楽器〜吹奏楽による音楽物語」を披露しました。
壊れて楽器倉庫に眠っていた楽器たちが力を合わせて見事なハーモニーを響かせるストーリーを、放送部員の語りに乗せて演奏しました。
第3部のポップスステージでは、「ディズニーメドレー」や「オリジナル干支メドレー」をコミカルなパフォーマンスとともに演奏し、続いて「美空ひばりメドレー」「 Paradise Has No Border」「お酒ソングコレクション」を華やかに、そして力強く演奏し、更に本校教員によるドラムの迫力ある独奏もお楽しみいただきました。
多くの方々にお力添えをいただきながら「ニュー・イヤー・コンサート」を無事に終演することができました。
演奏会開催にあたり御支援、御協力いただいた皆様にこの場をお借りいたしまして心からお礼申し上げます。
御来場いただいた方の中には、満席のため後方での立ち見となってしまい、誠に申し訳ございませんでした。
次回の定期演奏会はウェスタ川越・大ホールにて6月14日(日)に開催いたします。
今後とも川越南高校吹奏楽部を、どうぞよろしくお願いいたします。