健康コラム

しっかり手を洗っていますか? part2

 新型コロナウイルス感染症がまた猛威を振るい始めました。オミクロン株は重症化リスクが低いとか、今までとは違って軽症者が多いとか、根拠がない楽観的な意見も報道されていますが、これまでと比べ物にならないのは『感染力の強さ』です。自分が感染するということは、感染を他人に広げるということです。今回は感染予防で重要な手洗いについて、前々回に続いて確認していきます。

 皆さんは学校でしっかり手を洗っていますか?水道の石鹸の減りが鈍くなっているので、きっと適当な手洗いだろうと予想しています。皆さんだけに限らず、世の中の人たちも同じ傾向のようです。トイレ用品などで有名なTOTOが、2021年1月に公衆トイレでの手洗いに関する調査を行いました。その結果、

 “寒い季節の屋外・半屋外公衆トイレで手を洗うとき、冷たい水しか出なかった場合、約半数はしっかり洗えていないと感じていました。その理由は「水が冷たかった」が84%、さらに 「手首まで」洗うことができていない人が78%、「石けんを使っていない」人は半数近くいて、寒い季節に冷たい水ではしっかりと手洗いができていない実態が見えてきました。”

 とあります。残念ながら世の中の皆さんも正しい手洗いが出来ていないようです。だから「適当に手洗い」ではなく、「自分はしっかり洗おう」という気持ちを持ってください。