川南通信

2017年1月の記事一覧

生徒会誌「黎明」巻頭言



黎明発行に寄せて 

生徒会誌「黎明」第三十号が発行されることになりました。川越南高校四十二年の長い歴史の中で、約四分の三の期間発行され続けているというのは画期的なことです。特に長い期間にわたり生徒会活動や部活動の記録、行事に取り組む生徒の雰囲気等を残すことが出来たのは、素晴らしい事だと思います。歴代の生徒会&広報委員会の皆さんの頑張りと担当の先生方の御指導の賜であります。この会誌を遡れば、その時々の先輩生徒諸君の川南生活での喜びや苦労を知ることができるでしょう。また、未来に向けての期待や決意も読み取れることと思います。

 そもそも、この「黎明」発刊のきっかけは何であったのでしょうか、あくまで私の想像にすぎませんが次のようなことではないかと思います。

学校創立から十年あまり過ぎて、学校も落ち着き、現在と同様に生徒会活動、部活動、委員会活動、行事等が盛んになり、毎年充実した日々が送られていました。卒業アルバムは現在のものよりも薄く写真も少ないのですが、とりあえず当時も存在していました。ただ、卒業アルバムはあくまで卒業する三年生のための記念のアルバムであり、学校の生徒全てのものではありません。写真と文章の両方で、学校における全ての生徒や団体の活動の記録を残しておくものが是非ほしい、というきっかけで、この「黎明」が作られたのではないでしょうか。

また、この「黎明」という題名は実にセンスがいいなあ、と思います。「黎明」は、辞書によると、『①夜明け、明け方。②新しい事柄が始まろうとすること。また、その時。(例として、「民主主義の黎明」、「~の黎明期」など)』となっています。つまり、1年、1年が「新しいことの始まり」であり、毎年「夜明け」を迎えている、という意味なのです。くしくも、今年、平成二十九年は酉年であります。酉(鶏)は黎明を告げる、新たな時代を開くシンボルであるとのことです。生徒の皆さんも我々教員も、学校全体で、目標を立てて新たな挑戦をしようではありませんか!ちょうど節目の三十号が酉年に発刊されることになるのも何か運命的なものを感じます。

 結びに、皆さんへの期待を述べてこの稿を閉じます。川越南高校は、創立以来四十二年を経過し、地域の期待が極めて高い学校であります。皆さんが自分の学校に対してより一層誇りと責任を持つことを望みます。時には、川南生の行動に対して疑問が投げかけられることもあります。本校の目指す生徒像にある「感謝の心を持って」は、そうした独りよがりの行動を戒めるものと私は受け止めています。皆さんは品格豊かに、気持ちの良い挨拶と制服の着こなしで、学校内外を問わず思いやりある振る舞いができると期待しています。集会の時お話したとおり、お年寄りの方に対して荷物を持つ手助けをする等、本校生徒の「善行」に対して、近隣の方から感謝のお電話をいただくようになりました。意識せず自然にそうしたことが出来るのが本物であり素晴らしいと思います。そして将来に向けて、出来るだけ高い目標と志を持って欲しいです。この恵まれた環境で高い志を持ち、良き友人や良きライバルと励まし合いながら、自分を高めていくことを期待してやみません。

 校長 飯田 敦