川南通信

2020年7月の記事一覧

教頭言伝 定期考査

7月28日(火)定期考査の初日を迎えました。
本校では年度当初の臨時休業に伴って7月末のこのタイミングで今年度2回目の定期考査を実施することにしました。
考査1週間前から部活動も活動停止となり、ここ数日の放課後は自習室や教室等で学習する生徒を多く見かけます。
定期考査の機会を上手に活用して学習内容の定着度合いや更に学習が必要な単元等を確認し、今後の学習計画に生かしていきましょう。
定期考査が終了すると、いよいよ8月5日(水)から夏季休業期間となります。
授業時数を確保するために今年度の夏季休業は例年の半分の日数ですが、時間の使い方を工夫して有意義に過ごしてください。

 

教頭言伝 高校入試における配慮事項

埼玉県教育委員会から「令和3年度埼玉県公立高等学校入学者選抜における学力検査問題の基本方針」が示されました。
新型コロナウイルス感染症拡大による長期にわたる臨時休業などの影響を踏まえ、学力検査問題の出題範囲を縮小することになりました。
詳細は埼玉県教育委員会が作成した「臨時休業を踏まえた令和3年度高校入試における配慮事項について」を御覧ください。
なお、調査書における部活動等の扱いについても臨時休業などの影響を踏まえた対応となります。
調査書の扱い等を定めた令和3年度「入学者選抜基準」は8月末に公表する予定ですので、しばらくお待ちください。

*埼玉県教育委員会HP 埼玉県公立高等学校入学者選抜情報へのリンク






















臨時休業を踏まえた令和3年度高校入試における配慮事項について.pdf

教頭言伝 3年美術「自画像」講評会

7月27日(月)3年選択科目「美術III」の授業において、作品講評会を行いました。
今回の課題は「自画像」の人物デッサンで、約6時間の授業で制作しました。
制作過程では自分自身をよく観察して、自分の特徴や人間の生き生きとした表情・生命感などを画面に表現していきます。
全体感を大切にしつつ、外見だけではなく内面もしっかりと捉えたオリジナリティー溢れる作品が並んでいました。
講評会では、自他の作品を鑑賞しながら、鉛筆の線の粗密による濃淡や明暗の段階を捉えた表現について各々考察していました。
今回の制作における反省や課題等を次回の作品づくりに生かしていきましょう。

 

2学年 総合的な探究の時間「学年集会」

7月22日(水)7限2学年「総合的な探究の時間」では、学年集会を行いました。
初めに学年主任から、第2回定期考査に向けての心構えと4連休の過ごし方についての話があり、その後、生徒指導担当教員から登下校時のマナーや夏季休業期間中の過ごし方について指示がありました。
そして、進路指導担当教員からは進路先研究の課題やポートフォリオについての説明をしました。
蒸し暑い日が続きますが体調管理を心がけ、しっかりテスト対策に励んでください。

  

家庭科 子どもの発達と保育「沐浴体験実習」

7月22日(水)3年家庭科選択科目「子どもの発達と保育」の授業において、赤ちゃん人形を使った「沐浴体験実習」を行いました。
思いの外柔らかい赤ちゃん人形をお風呂に入れる作業を一人ずつ丁寧かつ慎重に行っていきます。
沐浴の大変さを実感しながらも、慣れてきた生徒は赤ちゃん人形に愛情を持って話しかけていました。
また、毎時間の授業において数名の生徒が交代しながら「妊婦体験ジャケット」を着用しています。
体験した生徒たちは妊娠中の動作のし難さなどの身体の負荷を実感しています。