川南通信

2023年3月の記事一覧

後期終業式

3月23日(木)、後期終業式を行いました。

校長講話では、コロナ禍の学校生活を乗り越えた生徒たちへの労いの言葉とともに、「辛い状況から一歩踏み出し幸せを掴む」ことの大切さをお話いただきました。また、天才バカボンに登場するセリフから「ありのまま、あなたはあなたで良いんだ」というメッセージをいただきました。校長先生のお人柄を感じさせるあたたかくも力強いメッセージに生徒たちも胸を打たれたようで真剣に話を聞いていました。校長先生のお言葉にあったように、新学期も自分を大切にしながら「あたりまえのことを馬鹿にしないでちゃんとできる川南生」を継続できるよう頑張りましょう!

生徒指導部からは、服装や交通マナー、貴重品管理等についての注意がありました。春休みに入っても気を抜きすぎず、トラブルや危険に巻き込まれないように注意しながら過ごしましょう!

進路指導部からは卒業生の進路実績報告とともに、「どうやって勉強したら良いのか」というよくある質問についても言及がありました。夏休み中も部活を頑張った上で第一志望に合格した今年の卒業生は、「部活も受験勉強もやることは同じだった。部活でどうやったら上手になるか計画を立て実行したように、受験勉強でもどうしたら苦手が克服できるか考えて実行した。」といった主旨の感想を述べたそうで、「自ら目標に向けて計画を立て工夫しながら実行することで、受験を通して生きていく上で必要な力を身に付けることができる。自ら考え、その力を掴み取ってほしい。」と激励の言葉が贈られました。

終業式の後は表彰式を行い、各部活で優秀な成績を収めた生徒たちが表彰されました。向上心をもって何かに励む力は、受験勉強やその他の場面でも生きてきて、あなたの目標達成の一助となるでしょう。今後もファイト!!!

  

  

  

  

  

  

 

 

情報セキュリティ講演会

3月20日(月)、1・2年生を対象に情報セキュリティ講演会を行いました。

グリー株式会社より小木曽健様にお越しいただき、「正しく怖がるインターネット ~事例に学ぶ情報モラル~」というテーマでお話いただきました。お忙しい中ありがとうございました。

講演会を受講した1年生は「今まで受けた情報セキュリティ系の講演会の中で一番わかりやすかった!」「使い方を誤った時の例がわかりやすく、実感をもって理解することができました。」「危険と隣り合わせであることがよくわかった!」と感想を述べ、ネットに潜む身近なリスクを自分事として捉えることができたようでした。

安全かつ幅広くネットを活用できる人材となれるよう今後も多様な知識を身に付けていきましょう!

  

  

 

入学許可候補者説明会

3月17日(金)、入学許可候補者説明会を行いました。

4月から川南生になる入学許可候補者とその保護者の皆様に御同席いただき、川南での生活や入学への準備について説明を行いました。その後は、各部活動の説明会や見学会を行いました。現川南生も新入生と一緒に部活ができる日を心待ちにしているようで、勧誘に気合が入っていました。4月から川南生になる皆さんは、川南での生活に期待や不安が入り混じるような思いなのではないでしょうか。何か困ったことがあればすぐに川南の先生や先輩に聞いてくださいね。皆さんの入学を、そして川南で一緒に充実した時間が過ごせることを、心より楽しみにしています!

保護者の皆様におかれましては、お忙しい中御出席いただきありがとうござました。今後とも、御支援・御協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

  

  

  

卒業生との懇談会

3月17日(金)卒業生との懇談会が行われました。

受験や就職活動を経験した卒業生を招き、1・2年生に体験談をお話してもらいました。その後、2年生は卒業生を囲んでグループをつくり懇談を実施しました。1・2年生は先輩方の話をとても真剣な眼差しで聞いていました。参加した2年生は、「先輩方のお話を聞いて初めて知ることもたくさんあり、とても勉強になりました。先輩のアドバイスをこれからの受験勉強に生かしていけたらいいなと思います。」と感想を述べていました。懇談会の後も卒業生に質問するために列ができるほどで、川南生のやる気が伝わってきました。

  

  

  

  

2年生総探発表会

3月16日(木)、2年生は総合的な探究の時間に探究した内容を発表する総探発表会を行いました。

総探では「サステナブルツアーを企画すること」をテーマに修学旅行の前から北陸地方におけるサステナブルツアーのプランを練ってきました。そして修学旅行でプランに加えた観光地へ行き、実際に確認してきました。SDGsの観点に基づいたプランは、班ごとの色が出て大変魅力的なプランばかりでした。今後旅行に行く時もぜひ「サステナブルツアー」を計画して楽しんできてほしいと思います!

  

  

  

1年生LHR「共通テスト体験」

3月16日(木)、1年生はLHRを2時間行いました。

LHRでは、1限は共通テスト体験として今年出題された問題のうち、英・国・数と厳選された問題を時間を計って解きました。そして、2限に答え合わせと解きなおしを行いました。残りの時間は進路担当の先生と「進路の手引き」の読み合わせを行いました。4月からはいよいよ2年生になります。今日の体験を生かして先を見通し、しっかり計画を立て実行することで2年生を有意義に過ごして欲しいと思います。

  

 

 

 

1年生総探発表会

3月13日(月)、「総合的な探究の時間」「地域とSDGs」について班代表の発表の様子です。

今年度1年生の「総合的な探究の時間」では、生徒自身が住んでいる地域を中心に班を分け、その地域のSDGsに関する諸問題について探究しました。インタビュー、アンケート、文献調査を軸に調べたことを、各班スライドにまとめて発表を行いました。13日にはクラスで優勝したクラス代表の班が発表をしました。各班それぞれに聞き手にわかりやすいように工夫を凝らした発表でした。

  

  

  

2年生進路相談会

3月13日(月)、2年生は1時間目に進路相談会を行いました。いよいよ3年生になる日が近づいてきました。進路担当の先生から、川南の生徒の苦手な単元や陥りやすい傾向についてデータとともに丁寧かつ熱心な解説がありました。2年生も真剣な表情で話を聞いていました。1年後、1年間で成長できたなと思えるように志高く頑張ってほしいと思います!

  

第46回卒業証書授与式

3月9日(木)、第46回卒業証書授与式を行いました。明るい春の日差しの中、卒業生353名、元気いっぱい未来に向かって羽ばたきました。生徒会からの餞として、廊下や下駄箱が華やかに装飾されています。今回の卒業式では数年ぶりに各家庭保護者2名の出席が可能となり、皆で卒業生の門出を見守りました。また、送辞と答辞も復活し、現生徒会長と卒業生である前生徒会長が代表して行いました。前生徒会長の答辞では、「感染症の流行により行事が平年どおり行えなかったりと困難もありましたが、それは失敗だとは思いません。制限のある中でみんなで工夫して行事を盛り上げ乗り越えたからこそ輝けたのだと思います。」といった言葉を述べ、涙を浮かべて話を聞く生徒や先生の姿が印象的でした。最後に校歌斉唱も実現し、みんなで思い切り校歌を歌いました。新型コロナウイルス感染症が大きく影響した学年ではありましたが、そんな中で改めて仲間と過ごす大切さや、困難を乗り越える力を身に付けられたと生徒自身が誰よりも実感しているようで、大変たくましく大きく成長したと感じます。

式の後は、各クラス最後のLHRが行われました。そこで卒業証書や卒業アルバムが贈られ、各HRで過ごす最後の時間を過ごしました。LHRの後は、皆で記念撮影をしたり、思い思いに過ごしていました。

振り返ればあっという間の3年間だったと思います。保護者の皆様におかれましては、日頃から御支援・御協力いただきまして心より感謝申し上げます。

卒業生はこの先色々と環境や社会が変化していくと思いますが、川南で培った力や仲間、思い出を胸に力強く歩んで行ってほしいと思います。心豊かで幸せな人生となりますよう心よりお祈り申し上げます。卒業おめでとう!