校長日誌

2023年9月の記事一覧

校長日誌 前期終業式を行いました

9月29日(金)

 本日は短縮で40分授業を6時間行った後、体育館で前期終業式を実施しました。

 生徒のピアノ伴奏で、校歌斉唱を行い、校長講話、生徒指導主任講話、進路指導主任講話を行いました。

 終業式終了後、表彰を行った後、自転車マナーアップ講習会を実施しました。

 終業式での校長講話の概要は以下のとおりです。

 皆さんこんにちは。来週くらいから、ようやく最高気温も30℃を下回りそうで、10月からは秋の気配が感じられるようになり、少し過ごしやすくなりそうです。また、9月2,3日で実施した「藤華祭」では、2日間で約5,800人のお客様が来校しました。きっと、来校したお客様ももてなす側のみなさんも満足できたのではないかなと思っています。しかし、1点残念だったのは、開会式でもお願いした「全校閉鎖にならない」ことです。同じ日に文化祭を開催した高校5校が学校閉鎖になりました。何が良くなかったのでしょうか。

  たとえば、新型コロナ感染症が5類になった今でも、不特定多数の人が訪れる飲食店では、接客に当たる店員の方はマスクをしている人が多いと思います。また、換気にも気を付けていると思います。ウイルスは目に見えるものではありません。だからこそ、どう対策をとるのかということが重要なのだと思います。新型コロナウイルスは、今も変異を続けて、コンスタントに感染者を増やしています。おそらく、来年の文化祭の時期にも新型コロナウイスの対策が必要になると思います。今回のことを肝に銘じて、同じ轍を踏まないようにしなくてはなりませんね。

  もう一つお話をします。

 今年の夏の甲子園で準優勝した宮城県の仙台育英高校を知っていますか。仙台育英高校は昨年の夏の甲子園で優勝し、深紅の大優勝旗が初めて白河の関を超えたということでも話題になり、今年は連覇がかかっていたチームです。昨年優勝した時の「青春って、すごく密なので」という須江監督の言葉がマスコミで話題になり、今年も優勝を期待されていたところでした。

  しかし、神奈川県代表の「エンジョイ・ベースボールの慶応高校」に決勝戦で負けてしまいました。その時に須江監督が使った「人生は敗者復活戦」という言葉が今年も話題になりました。

  須江監督は「大切なのは挫折との向き合い方であり、挫折のない人生なんて存在しないし、面白くないのです。だからこそ人は人生において挑戦をするし、その挑戦は、ちょっとずつでも構わないので、何かを変える取り組みをすることが大切なのです。」と言っています。

  須江監督は埼玉県の鳩山町立鳩山中学校の出身で、高校から仙台育英高校へ入学して野球部へ入部したそうです。入部して1年半で学生コーチとしてチームを支える側に回ったそうです。その後、進学した大学でも野球部に入りましたがプレイヤーではなく学生コーチを務めていたそうです。

  また、須江監督は「高校で学生コーチになった理由は、野球が下手だったからです。絶対にレギュラーやベンチ入りできない部員の中から推薦されてなったんです。その学生コーチの時からですかね。『補欠魂』じゃないですけど、負けを自分のきっかけにしようと思いました。」と高校時代のこの経験が、指導の原点だと振り返っています。

  須江監督は「人生は敗者復活戦だ」と選手に言い続けてきた。負けて、失敗して、それで終わりではない。その後どうするかを考えればいい。「なにか失敗したり、理想がだめだったりした時、人生が好転しはじめるんです」とも言っています。

  甲子園の決勝戦で負けた日の夜、須江監督が宿舎で3年生に「人生は勝てることなんてほとんどなくて、だいたい負けです。野球を続ける子も続けない子も、それぞれの人生が続いていきます。この負けを敗者復活戦のエネルギーにして、人生に臨んでほしい。」と伝えたそうです。

  このことは、「野球だけで生活していける人はほんの一握り。長い人生を考えたときに、ベンチ入りのメンバーもスタンドで応援したメンバーも敗者復活戦はこれから始まる。そのゴールは、まだまだ先にある。」を伝えたかったのです。

  目の前の困難から逃げ出すことなく、何ごとにも挑戦し続けること。そして、たとえそれが失敗であってもいいし、ある意味で失敗すること、失敗させることが次の挑戦につながるのだと思います。人の生活を考えてみても、成功ではなく、失敗したことから学ぶことの方が多いのではないでしょうか。

  今、皆さんは毎日の生活の中で何かに挑戦をしていますか。「しょうがないや」とか「もう無理」とか言って、挑戦することを止めたり、躊躇したりしていませんか。文武両道を掲げている川南では、勉強と部活動をどう両立するかが大切です。授業が終わって、完全下校時間の19時に間に合うように部活動に取り組む。家に帰ってから、夕食をとって入浴して、家庭学習をする。1日は誰でも24時間です。この時間をどのように有効に活用するのかが大切です。

  川南での3年間はすっごい密な高校生活です。ぜひ、思い切った悔いの残らない挑戦を続けてください。人生は「敗者復活戦」です。失敗から学び、「敗者復活戦」から勝ち上がって自らの目標実現に向かっていって欲しいと思います。

 

校長日誌 進路講演会を実施しました

9月28日(木)

 本日6限のLHRを活用して「進路講演会」を実施しました。

 講師には、元ウォルトディズニー社シニアプロデューサーであった大畠崇央氏をお招きして、全学年を対象に体育館で行いました。

 「未来の扉を開く魔法」という演題で、Hospitality、Creativity、Imaginationという3つの視点から

 ①自分の夢を叶えるために

 ②ディズニー流感動を生む企画の秘密

 ③AIの進化とどのように向き合っていくか

などについて講演をしていただきました。お忙しい中、ありがとうございました。

校長日誌 第1回学校見学会の追加申し込みについて

9月27日(水)

 昨日、トップページに「第1回学校見学会について追加申込みの日程をお知らせいたします」という案内を掲載しました。第1回学校見学会の申込みは即日、締め切らせていただきました。

 しかし、例年学校見学会の当日が近づくまでの間に、御都合が悪くなりキャンセルをする方が見られます。そこで、10月28日の10日前の10月19日(木)の8時30分から追加申込みを受け付けます。すぐに申込みが終了となることがありますので、御了承ください。

 

校長日誌 OECDの18歳意識調査について

9月26日(月)

 昨日、全国高等学校校長会の教育課程部会という会議に出席してきました。その中の基調講演「主体的に学習に取り組む態度を育む授業づくりと学習評価について考える」の中で、講師の後藤顕一先生(東洋大学教職センター長、元文部科学省国立教育政策研究所教育課程研究センター基礎研究部総括研究官)から出た衝撃的なことがありました。

 それが、2019年にOECDが行った18歳の意識調査の「第20回-社会や国に対する意識調査-」の中で、「自分は国や社会を変えられると思う」という質問について、9か国(日本、インド、インドネシア、韓国、ベトナム、中国、イギリス、アメリカ、ドイツ)で最下位の18.3%というものでした。一番高い国は83.4%、8位の国でも39.6%で日本の倍以上でした。

 バブルが崩壊してから30年間、先進国と言われる国の中で、ほとんど経済成長をしてこなかったこの国の中で、18歳というこれから大学等で勉強して社会にでて、我が国の未来を支えていく人材像の一端なのかもしれません。また、講演の中では、日本人は「5を10に変えたり、10を20や30に変えることは得意である。しかし、0を1にすることは苦手である。」と。これは、今の日本人には、創造力がないということを言われているのであると思いました。大変厳しい言葉であると思いました。

 では、これをどうやって変えていくのか、それが大切なことであると思いました。授業で、単に知識を伝えて理解させるだけでいいのか。それだけでは足りないと思います。現在の2年生までが関係している新しい学習指導要領の中でよく出てくる「探究」というキーワードがあります。

 「探究」と聞くと「総合的な探究の時間」と思い浮かぶかもしれませんが、それだけではありません。普段の授業の中で「探究」的な要素を取り入れた授業を展開していく必要があるということです。

 これから、こうした話題にも触れていこうと思いますので、興味を持った人は読んでみてください。

 

校長日誌 第1回学校見学会・Web学校説明の申込みありがとうございました

9月22日(金)

 昨日、Webでの申し込みを受け付けさせていただいた「第1回学校見学会・Web学校説明の申込み」ですが、10月28日(土)の分につきましては、午前午後それぞれ、2部編成で各組150組300名の募集をさせていただきましたが、昨晩でいっぱいとなってしまったため、今回は計600組1200名で締め切らせていただきました。

 今後、キャンセル連絡等があった場合追加の募集をいたしますので、本校HPでご確認ください。ありがとうございました。

校長日誌 明日は二十四節気の「秋分」です

9月22日(金)

 明日は二十四節気の「秋分」です。期間でいうと今年は9月23日から10月7日までとなります。また、祝日の「秋分の日」は前年の2月1日に国立天文台が官報で発表する「秋分日」を基準にして決められます。

 地球の赤道を延長した天の赤道と太陽の通り道の黄道がちょうど交差したところが黄径0度となり、秋分とは、太陽が黄径180度(秋分点)を通過するときのことです。「秋分」は「春分」と同じく、太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになります

 極楽浄土があるという真西に太陽が沈むことから、亡くなった人をしのぶ日とされています。そこで、春分・秋分の3日前から7日間をそれぞれ「春の彼岸」、「秋の彼岸」といいます。また、春分・秋分は彼岸の中日」といいます。「暑さ寒さも彼岸まで」と言われ、通常はこの日を境に寒さが増してきます。しかし、今年は連日異常な暑さが続いていますので、熱中症などに注意しつつ、体調管理を万全にしていきましょう。

 

校長日誌 学校見学会へお越しください

9月21日(木)

 本日から今年度の「学校見学会」の申し込み受付が始まりました。「中学生の皆さんへ」のページからお申し込みください。

 本校では、通常の学校説明会を「Web学校説明」と「学校見学会」との併用で行っています。

 「学校見学会」にお申込みいただくと、折り返しWeb学校説明学校紹介ビデオYouTubeのURLが送信されますので、事前に「Web学校説明」を御視聴して、「学校見学会」に御参加ください。Web学校説明ビデオをご覧いただくと、学力検査や、学校の特色、生徒の様子等についてご理解いただけるようになっています。

 学校見学会当日は、全体説明会は行わず、①校内施設見学 ②生徒会による相談会 ③個別相談 を行います。同時に部活動見学も実施していますので、当日の活動予定表をご覧ください。

 「Web学校説明」のみの申込みの方には、折り返しWeb学校説明と学校紹介ビデオのYouTubeのURLを送信します。

 是非、ご活用ください。

  第1回 10月28日(土)午前の部10:00~12:00 午後の部13:30~15:30

  第2回 11月18日(土)午前の部10:00~12:00 午後の部13:30~15:30

 混雑回避のため、午前・午後はさらに2組に分かれて各150組(300人)までとし、1日600組(1200人)ています。

 

 

校長日誌 もうすぐ彼岸ですが異常な暑さが続いています

9月19日(火)

 シルバーウイークはゆっくり過ごせましたか。さいたま市は昨日今日とぎりぎり猛暑日とはなっていないようですが、私の住む熊谷市付近は連日の猛暑日を記録しています。

 日本列島が太平洋高気圧に広く覆われ、北側の冷たい空気が上空に入ってこないとこの暑さは続きます。天気予報では、明後日9月21日くらいから雨模様となって、少しですが暑さが和らぐようです。

 先人が「暑さ寒さも彼岸まで」と言いましたが、今年の彼岸の入りは9月20日で、彼岸は9月26日までの7日間です。まさに、その通りですが、ここまで暑い日が続くとは思いませんでした。我々が住む埼玉県より最高気温が少し低い東京都でも昨日の敬老の日で30℃以上の真夏日の最多日数を更新し、合計で86日となり、今日も真夏日となっていますので87日連続です。一人ひとりが熱中症に注意しながら、生活をするようにお願いします。

 

校長日誌 藤華祭の会計報告を行っています

9月15日(金)

 放課後15時50分から会議室を使って、藤華祭に参加した各クラス、部活動等の会計報告を行っています。

 生徒会のスタッフのところに各団体の会計担当者が、収支報告書や補助金の残金などを提出しています。後日、生徒会のスタッフが内容を精査して確認ができてから、各団体で生徒に返金をすることになります。

校長日誌 本日から食堂も通常営業になりました

9月12日(火)

 先週実施した「藤華祭」の影響で、9月5日(火)から9日(土)までの5日間の学校閉鎖も終わり、多くの生徒が登校してきました。一時休業していただいた食堂も本日から通常営業に戻り、私たちもおいしく日替わり弁当をいただくことができました。ありがとうございます。

 最近いただいた日替わり弁当を下記に掲載しておきます。